準備

ビザ

『ベトナム』って社会主義国だから短期滞在でもビザがいるのです。社会主義国ってことを忘れててかなりびっくりした。そういえば地理で習ったかも? ビザの手配は旅行会社さんに頼みました。自分で大使館、またはベトナム本国で知り合いがいれば取れるらしいけど、時間もないことだし。でも旅行会社への書類の到着が出発3週間前を切るとビザの発給手数料が高くなるらしく、速達で申し込みました。うちへの書類の住所が間違ってて郵便の到着が遅れたのも慌ただしかった一因。(2004年の1月1日よりベトナムビザは15日以下の観光に限り廃止された。)

情報収集

・書籍

・インターネット

あとはネットで情報収集。
ほかにもいろいろ見た気がするけど、とりあえずブックマークに入れてあったのはこの3つ。

持ち物

パスポート これはビザ発給の手続きの時に旅行会社に送って成田で受け取りなので今回はなし。
お金 仕入れた情報によるとドルを持っていった方がいいというので、名古屋で150ドルに両替して心配だったので成田空港であと1万円ドルに替えた。円からドンへの両替は難しいと聞いていたので全部米ドルで持っていた。(しかし日本円も普通に両替できた。米ドルを少々と日本円で問題ない。)
旅行保険 ネットで安くて保証のよいものに加入。
トランク 小さめの。よっぽど大きいのを実家から借りようかと迷った。
着替え 洋服は洗濯することは考えず日にち分。ノースリーブと半袖。成田に向かうまでと飛行機の中できるように、パーカーみたいなものなど。
下着は捨てるに捨てれなかったかなりぼろぼろのを捨てるのを前提に日にち分。
帽子 持っていったけれども、曇っていたこともあってあまりかぶらなかった。
洗面用具 石鹸、コンタクトケア用品、歯ブラシ、などなど。
虫除け ガイドブックで読んでどんなに蚊がいるところなんだろう、と想像していたけど、ホーチミンのみといこともあってか、実際は虫除けをしっかりしていたからか1度も刺されなかった。大学で参加した建築物の実測の方がよっぽど危険。
日焼け止め これも日差しが強いから、と書いてあったので。雨期ということもあってかカンカン照りではなかったので気にしない人は必要ないかも?
正露丸 水はもちろんのこと生野菜でもあたると書いてあったので。念のため。
汗疹の薬 アトピー気味で日本でも夏は肘の内側に汗疹ができるから。ベトナムは蒸し暑いと聞いていたので。
目覚まし時計 持っていったけど電池がなくなったのか、鳴らなかった。ホテルに時計はなかったので持っていった方がいいかも
メモ帳・筆記用具 いつも使っているA6の無印のノートを持参。大きすぎた。筆記用具はシャーペンとボールペン(黒)のみ。赤も持って行った方がエアメールと書くときに安心。
折りたたみ傘 ベトナムは雨期だから。でも一度も使わなかった。
カメラ コンパクトな APS フィルムのカメラを1台。フィルムを25枚撮り8本
電卓 両替、買い物時に使うかも?
タオル フェイスタオルを1枚。
ガイドブック 地球の歩き方 ベトナム

・持っていた方がよかったもの:懐中電灯、赤のボールペン