ぼやき

0

先日ワイヤーネットを使って洗面台下収納に棚を増やし、収納をある程度整えました。今回はカラフルな洗剤の容器を白で統一して見た目をすっきりさせたいと思います。

洗面台下にワイヤーネットで棚を増やして収納を見直した

Seria と無印良品の白い詰め替え容器の比較

洗剤類の容器を白で統一したい場合、市販の白い洗剤容器の中身を取り替えて使うか、無印良品の入浴剤・バスソルト用詰替容器を使うのが定番のようです。ドラッグストアで白い容器の洗剤を探したのですがよいものがありませんでした。セブンイレブンやイトーヨーカドーで売っているセブンプレミアムの洗剤にしようかと思ったらリニューアルされてて、コンパクト洗剤用の容器はペラペラになっていたので却下しました。結局無難な無印良品の入浴剤・バスソルト用詰替容器にしようと、ゴールデンウィークの無印良品週間の時に購入しようと思ったら売り切れで、現在もネットで在庫なしの状態が続いています。 5 月末に偶然訪れた無印良品で入浴剤・バスソルト用詰替容器が売っていたので、これは買わねばと思って 2 つ買ってきました。容量は 520 ml です。

20170711_1.jpg

ほかにいろいろやることがあって無印良品の詰め替え容器を買ったまま放置していたのですが、 6 月末頃なんと Seria に洗濯洗剤詰め替え用ボトルが売っているという情報を入手し速攻で買いにいってきました。 2 件目の Seria でやっと発見して購入できました。
→ My simple home :セリアで人気のお洒落な白い詰め替えボトル♪無印良品情報 

20170711_2.jpg

購入したのは角型ですが、丸型もありました。どちらも容量は 500 ml です。

Seria と無印良品の白い詰め替え容器のサイズ比較

20170711_3.jpg

大きさは Seria のものが 60 × 60 × 220 mm 、無印良品のものが 54 × 106 × 160 mm でした。底面積は Seria のが 36 cm² 、無印良品のが 57.24 cm² で Seria の方が多少コンパクトですが、高さがその分高いので置く場所によって選ぶとよいと思います。容量は Seria のものが 500 ml で、無印良品のものが 520 ml です。

Seria と無印良品の白い詰め替え容器の詰替口比較

20170711_4.jpg

このように両方とも上下のフタが取れるので詰め替えしやすいです。ノギスで詰替口の直径を計測したところ、 Seria のは 36 mm 、無印良品のは 29 mm でした。実際に詰め替え作業をしたところ、少し口が大きい Seria のほうが詰め替えやすかったです。

Seria と無印良品の白い詰め替え容器のキャップ比較

20170711_5.jpg

どちらもキャップで計量できるようになっています。 Seria のものは 10, 20, 25, 30 ml の目盛りで最大 30 ml まで、無印良品のは 5, 10, 15 ml の目盛りで最大 20 ml まで計量できます。小さじ 1 杯が 5 ml なのであまり量を使わないものは無印良品の方が計量しやすいかもしれません。

Seria と無印良品の白い詰め替え容器の素材比較

20170711_6.jpg

材質は Seria のものはボトルがポリエチレン (PE) でキャップがポリプロピレン (PP) 、無印良品のが容器・キャップともにポリプロピレン (PP) でした。以下のサイトから詰め替えで入れそうな洗剤などの物質を抜粋しまとめてみました。

→共和ゴム株式会社:耐油性・耐溶剤性・耐薬品性

ポリエチレンとポリプロピレンの耐薬品性
薬品名 ポリエチレン 
PE
ポリプロピレン 
PP
注釈
重炭酸ナトリウム 
Sodium bicarbonate
重曹、炭酸水素ナトリウム
クエン酸 Citric acid
酢 Vinegar
石けん液 Soap solutions
ソーダ灰 Soda ash 炭酸ナトリウム Sodium carbonate
次亜塩素酸ナトリウム( 5 % 常温) 
Sodium hypochlorite
市販の塩素系漂白剤の濃度は 5 % 程度
過酸化水素( 5 % 常温) 
Hydrogen peroxide
希薄して液体酸素系漂白剤
エチルアルコール Ethyl alcohol エタノール、アルコール
グリセリン Glycerin
シリコン油 Silicone oils
やし油 Cocoanut oil
脂肪酸 Fatty acid
ジエチルエーテル Diethyl ether × エーテル

◎:優…全く、あるいはほとんど影響がない
◯:良…若干の影響はあるが、条件により充分使用に耐える
△:可…なるべく使わない方がよい
×:不可…烈しい影響があるため、使用に適さない

以下の 2 つは記載がありませんでしたが、錯体や複塩なので元の物質が大丈夫なら OK と判断しました。

  • 過炭酸ナトリウム sodium percarbonate
    過酸化水素と炭酸ナトリウムの錯体
  • セスキ炭酸ソーダ sodium sesquicarbonate
    正式名称をセスキ炭酸ナトリウムといい、炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムが 1:1 の比で構成される複塩

全体的にポリプロピレンの方が耐薬品性があるようです。

Seria と無印良品の白い詰め替え容器の比較まとめ
Seria と無印良品の詰め替え容器の比較まとめ
Seria
洗濯洗剤詰め替え用ボトル 角型
無印良品
入浴剤・バスソルト用詰替容器
外寸  60 × 60 × 220 mm 54 × 106 × 160 mm
容量 約 500 ml 約 520 ml
詰替口径  36 mm 29 mm
キャップ目盛り  10, 20, 25, 30 ml 5, 10, 15 ml
原料 ボトル:ポリエチレン
キャップ:ポリプロピレン
容器:ポリプロピレン
キャップ:ポリプロピレン

2017.8.27
Seria で 500 ml の入浴剤ボックスという無印良品の入浴剤・バスソルト詰替容器と形状が似ていて一回り小さいサイズの詰め替え容器が売っていました。キャップ部分は洗濯洗剤詰め替え容器と同じもので、素材はポリプロピレン、本体がポリエチレンでした。高さが低く本体が透けない白いボトルがほしいならこちらもありですね。

その他用意した容器

Seria と無印良品の詰め替え容器だけでは用途に合わないものがあったので、以下のものを用意しました。

イソマルトオリゴ糖が入っていたはちみつ容器

20170711_7.jpg

こちらはイソマルトオリゴ糖が入っていた容器です。素材ははちみつ容器と同じだとすると、ボトルがポリプロピレン、キャップがポリエチレンのようです。

チャーミー Magica の容器

20170711_8.jpg

コンパクト食器用洗剤の容器でいいものを探していたら、ライオンのチャーミー Magica の容器を見つけました。ライオンは EDTA で除菌する特許をもっているので、このマジカも EDTA が入っている可能性が高そうなので、買うのを躊躇していました。なぜかというとわたしには EDTA のアレルギーがあるからです。
ミヨシのそよ風を使って  EDTA  が体質に合わないことが判明

そしたら実家に粗品でもらったマジカが置いてあったので、空いた食器用洗剤の容器にマジカの中身を移して容器だけもらってきました。

20170711_9.jpg

このマジカのラベルはシールではなくペットボトルのラベルのようにすぐにとることができました。まるで剥がして使ってくれといわんばかりですね。

2017.8.12
セリアにフタまで白い角形の「食器洗剤ボトル」が売っていました。容量は 250 ml です。マジカのボトルを手に入れてなければ購入していたと思います。また食器洗剤が入った白い丸型のものも売っています。

白い容器に洗剤類を詰め替え

20170711_10.jpg

このようにカラフルなパッケージが下のようになりました。重曹は洗面所で使っていないのとイソマルトオリゴ糖の容器が足りなかったので後回しです。

20170711_11.jpg

ラベルは今のところ手書きです。捨てようと思っていたものの中に昔の MD のラベルがあって、これが紙だけでなくフィルムでコーティングできるようになっているのです。ある程度の耐水性は保てそうです。

またカラフル容器や包装を捨てる前に使い方の部分を写真に収めてあとから確認できるようにしました。

20170711_12.jpg

過炭酸ナトリウムを入れる容器には肩の部分に熱した目打ちを使って小さな穴を開けました。過炭酸ナトリウムは密閉容器に保存するのはよくないようです。前述したとおり過炭酸ナトリウムは過酸化水素と炭酸ナトリウムの錯体なので、長期保存で錯体の結合が徐々に弱くなり、過酸化水素がわずかずつ発生して容器の変形や破損が起こることがあるようです。

洗剤ボトルのホワイト化のビフォー・アフターと使い心地

20170711_13.jpg

洗面台下 Before :こんなふうにカラフルパッケージでした。

20170711_14.jpg

洗面台下 After :洗面台下収納のパッと目に入る部分はホワイト化できました。塩素系漂白剤は詰め替えたら何かわからなくなって危険そうなので、前板の影になっている部分に置いています。

20170711_15.jpg

洗濯機上の棚 Before :よく使うセスキ炭酸ソーダとクエン酸と食器用洗剤が置いてあります。後ろが窓なので背が低い無印良品の詰め替え容器に変えたことで洗面所が少し明るくなりました。ちなみに食器用洗剤は中性のものを購入しており、メガネの脂汚れや衣類の食品によるシミ汚れなどを落とすために使っています。

20170711_16.jpg

洗濯機上の棚 After :ノイズが少なくなりすっきりしました。ついでにカゴの横の夫のものが入っているボックス内も整理して、大部分を捨てました。おかげで外に出ていたものがボックス内に入りました。でもスプレーが青なのが気になりますね。こちらも Seria に白いものが売っているので買い換えようか検討中です。

10 日ほど使ってみたところ、わざわざスプーンで計量しなくてもフタでできるところが楽だと思いました。 Seria の詰め替え容器に入れた液体洗剤は問題なく使えています。しかし無印良品の詰め替え容器に入れたセスキ炭酸ソーダが少し取り出しにくいので、どうにかしないといけないかもしれません。クエン酸はそんなことないので、セスキ炭酸ソーダの粒子が小さいのが問題なような気がします。またイソマルトオリゴ糖が入っていたはちみつ容器に入れた炭酸ナトリウムはかなり使いやすいです。ボトルを押すと適量粉が出てくるので、目分量になりますが、炭酸ナトリウムに触れることなく洗濯機に入れることができます。ゴム手袋をわざわざする必要がありません。イソマルトオリゴ糖の容器が空いたら台所の重曹も詰め替えようと思っています。

関連記事