ぼやき

0

資源として回収されている牛乳パックとお肉などが入っている白のトレーどうしていますか? 買い物のたびにスーパーに持っていけばいいのだけれど、スーパーへの買い物の回数が週 1 程度なので、その間こんな風に出窓部分に積み重ねられています。ヨーグルトを作るようになってから牛乳の消費量が増えたので溜まる量も増えました。(コーヒーのフィルターは夫が猫よけにコーヒーの粉を庭に撒いているから捨てずに乾燥させています。)

20170630_1.jpg

今回これらのものの一時置き場を作ることにしました。キッチン・ダイニングを見回し目をつけたのがこちらの空間。

20170630_2.jpg

以前ニトリのワイヤーバスケットを使って常温野菜の置き場を整えたところです。

冷蔵庫に入れない野菜はニトリのワイヤーバスケットに入れて保存することにしました

その上に空間があるのでこの部分に棚板らしきものをつければ、牛乳パックとトレーの一時置き場にぴったりです。

なるべくお金をかけないで見栄え良く棚板を増やせないかなと思って、 100 円ショップを回っていて目についたのがワイヤーネットです。ダイソーでは 56 cm のものしかなかったのですが、 Seria には 60 cm のものが売っていました。棚の横幅が 59 cm なのでたぶん大丈夫だと思いましたが、一応返品ができるかどうか確認してから購入しました。 Seria ではワイヤーラティスという名称で販売しているようです。

しかし買ってきてから問題が!  59 cm のものは茶色が売り切れで白しかなかったのでそれを買ってきたのですが、白だと一気に生活感が増すのです。ニトリのワイヤーラックの黒の色と合わない! ということでサイズはぴったりだったのですが、後日茶色のものに交換してもらいました。

20170630_3.jpg

交換してもらったものがこちら。これを側面のワイヤーに載せるだけです。

20170630_4.jpg

こんな感じで棚が完成しました。載せるのもが軽いし両サイドが囲まれているので、特に固定しなくても問題ありませんでした。前後の動きが気になる場合は結束バンドで固定しようかと思います。

20170630_5.jpg

牛乳パックと白のトレーを入れたところ。写真は目線を低くしているのでガッツリ見えますが、大人の目線だと炊飯器の棚板に隠れて見えません。

20170630_6.jpg

流し前の出窓が少しすっきりしました。

洗面台下にワイヤーネットで棚を増やして収納を見直した

関連記事