ぼやき

0

以前書いた高速道路走行時のミラジーノのフロントガラス付近から高音のキーという異音がする問題がとりあえず解決したので記録に残しておきます。

高速走行時、聞いていると不愉快になる風切り音

どんな異音かわかりにくいので、ドライブレコーダーの映像を張りますね。キーキーという高音のスクラッチ音でかなり耳障りです。高速を走行しているとイライラしてくるくらいです。音楽もかけているのですが、その音すら聞こえないくらいの大きさです。どうやら風切り音のひどいやつみたいです。(黒板をツメを立ててひっかく音が嫌いな人は聞かない方がよいです。)

ウエザストリップが劣化したので交換してもらいにいったときにディーラーで相談したところ、高速走行時にビニルテープを貼って原因箇所を特定してみたらどうか、との提案をしていただきました。

ミラジーノ 右後ろの窓のゴム交換とフロントガラスの鳴き

風の強い日に信号待ちしていたら、フロントガラスから同じ高音が聞こえたので、やはり風が原因で対策したほうがよいように思いました。

風切り音の原因箇所を特定

そこでゴールデンウィークに高速に乗ったときに原因箇所を特定するために実験してみました。

まずは何も貼らない状態で高速を走行してみて、風切り音がすることを確認しました。

20170531_1.jpg

次にサービスエリアでルーフ部分のゴムが劣化して隙間が開いていたので、そこにビニルテープを貼ってみました。しかし走行すると異音がしました。

20170531_2.jpg

次のサービスエリアでフロントガラスに一周ぐるっとビニルテープを貼ってみたところ、風切り音がなくなりました。やはりフロントガラスと本体の間のゴムが劣化し、空気が入り込んでいることが問題のようでした。

20170531_3.jpg

しかし下側のプラスチックパーツの部分にもビニルテープを貼ってしまったため、プラスチックパーツとフロントガラスの隙間が原因だった場合は解決しないので、下側だけ残して走行したところやはり風切り音が発生しました。

ということは、やはりフロントガラスと本体の隙間のゴムが劣化し空気が入り込んでフロントガラスが振動して高音が発生していることがわかりました。このゴム部分はモールというらしいです。

20170531_4.jpg

青空駐車のためモールのゴムが経年劣化で痩せており、本体とモールの間に隙間ができてしまっています。たぶんこのような場所から空気が入り込んでいるのでしょう。

風が入らないように隙間を埋めれば解決?

原因が特定できて次はフロントガラスのモールの交換ですが、一度フロントガラスを取り外しつけ買えなければならないので、 2 〜 3 万かかるようです。まだ記事にしてませんが、タイヤ交換などもしなくてはならず、今すぐに修理するのは予算が立たないなぁ、と思っていました。

そんな時にふと思いついたのがこちらです。

20170531_5.jpg

そうお風呂場なのど防水に使うコーキング材です。

なんでこんなものを購入したかというと、先日ウエザストリップを取りつけてもらったのですが、ずれていたので自分でつけ直したときに、強く引っ張りすぎてゴムを少し切ってしまったので、その穴を埋めるために用意しました。

20170531_6.jpg

空気が入り込んで振動しているなら、空気が入らないように隙間を埋めてやれば解決するのでは? と思いつき、ダメ元で取り組んでみました。

モールと本体の隙間をコーキング剤で埋めてみる

まずはコーキング剤がよく接着するように、モールとゴムの隙間の汚れを綿棒を使って掻き出しました。

20170531_7.jpg

マスキングテープで養生します。本体側は比較的貼りやすいのですが、モール側にきれいに貼るのにかなり苦労しました。まあモールは黒なのでコーキング剤がついてもそれほど目立ちませんが。

風切り音がしている箇所がわかればその部分だけで十分なようですが、高速に頻繁に乗るわけでもないので、検証しようがなかったので全体に施しました。

20170531_8.jpg

コーキング剤のチューブの先端をを本体とモールに差し込み一定の力で押しながら隙間に充填していきます。目安はモールを指で押してちょっとはみ出るくらいです。はみ出たコーキング剤は付属のヘラで掻き取りました。ヘラがない場合は指に食器用洗剤をつけてなでるときれいになります。はみ出てこなかったら、再度コーキング剤を注入します。コーキング剤は乾いてから追加するのは難しいので、隙間が空いているようだったら、乾かないうちにコーキング剤を追加した方がよいです。わたしは雨が途中から降ってきてしまい、少し隙間が空いているのを妥協して、翌日隙間を埋めようとしてかなり難儀しました。

コーキング剤の表面が乾く前にマスキングテープを取り外します。コーキング剤がはみ出て本体についてしまった場合は、乾く前にエタノールで拭き取るときれいになります。 24 時間くらいで内部まで完全に硬化するようです。

20170531_9.jpg

こんな感じに隙間が埋まりました。いわれなければコーキング剤で埋めたとはわからないできあがりになりました。(かなり苦労したけれど。)

コーキングしたあと高速を走行したけれど風切り音なし!

実際に高速を走りましたが、風切り音はしませんでした。モール自体がかなり劣化していたので、この対処は応急処置的なものですが、とりあえず不具合はなくなりました。手間はかかりましたが 600 円程度の出費で不具合が解消されてよかったです。今回はマスキングテープとヘラがセットのものを購入しましたが、ホームセンターで大容量のコーキング剤とガンを購入してもそんなに値段は変わりません。

関連記事