ぼやき

2

写真データのバックアップは Amazon プライムに加入すると無制限で使える Amazon プライム・フォトにした、と以前書いたのですが、バックアップの設定をやっとしました。
写真データのバックアップは Amazon プライム・フォトに決めた

今まで Mac mini の内蔵 HDD にあった写真データを QNAP の NAS に移動し、 QNAP の Hybrid Backup Sync というアプリを使って Amazon プライム・フォトにアップロードするようにしました。 NAS のデータをまるごと USB の外付け HDD にバックアップしているので、今回の Amazon プライム・フォトへのバックアップで写真データが 3 か所に存在することになるので何かあっても復旧できるでしょう。

NAS 上の写真データを Lightroom から操作するときに注意すること

現在 Mac mini には光学ドライブを外し SSD を積んでいるので、 SSD と HDD の 2 台のドライブがあります。この内蔵 HDD に入った写真データを NAS (QNAP TS-212) に移動させなくてはならないのですが、写真管理に最近 Lightroom を使っているので Lightroom 上で NAS に移動させたら大変なことになりました。

20170124_1.png

なんと NAS に移動したファイルの「変更日」と「最後にに開いた日」が移動した日時になってしまっているのです。内蔵 HDD 内で移動させたときにはそのようなことが起こらないので、 Lightroom と NAS の相性が悪いのだと思います。

しょうがないのでバックアップから復旧させたり、バックアップがないものに関しては A Better Finder Attributes 5 というソフトで変更日に作成日をコピーしました。

あと Lightroom 上で写真を「ディスクから削除」するとそのまま削除されて、 QNAP のネットワークゴミ箱に映らず、 Lightroom 上からも Finder 上からも消えたようになります。しかし実際には削除されておらず、 Amazon プライム・フォトにバックアップを始めると消したはずの写真データもアップロードされていました。 Lightroom や Finder からは見えなくても、ブラウザのファイルマネージャや iOS アプリからはファイルはしっかり見えています。 Lightroom を使って NAS 上のファイルを操作する場合は気をつけなければなりません。

Amazon Drive に QNAP からバックアップする設定方法

Amazon プライム・フォトは Amazon Drive の写真データのみ容量無制限になるプランという位置づけなので、 Amazon Drive に写真データをアップロードします。 QNAP にはクラウドにバックアップするアプリがあるのでそれを利用します。
→ QNAP : QNAP NAS クラウドバックアップ同期 アプリケーションノート

QNAP の NAS にアプリをインストール

20170124_2.png

まずは QNAP の NAS に App Center から「 Hybrid Backup Sync 」と「 Cloud Backup Sync 」をインストールします。「 Hybrid Backup Sync 」がインストールされるとそれまで使っていた「バックアップマネージャ」はなくなり、「 Hybrid Backup Sync 」に統合されます。 NAS の HDD 入れ替えなどで消えていたバックアップ・ジョブもなぜか復活していたので、一度設定を確かめた方がよいです。外付けへのバックアップ・ジョブは「 External Backup 」にあります。

同期ジョブを作成

20170124_3.png

「 Hybrid Backup Sync 」を開き「同期ジョブの作成」をクリックします。

20170124_4.png

「一方行同期」にチェックを入れ「クラウドと同期」をクリックします。

20170124_5.png

「ローカルからクラウドへの同期」をクリック。

Amazon Drive の設定

20170124_6.png

「 Amazon Drive 」を選択し、クラウドアカウントを追加します。

20170124_7.png

Amazon のサイトで接続の許可を求められるので、メールアドレスとパスワードを入力します。

20170124_8.png

接続に際しての注意書きが表示されます。「 OK 」をクリックします。

バックアップ先を設定

20170124_9.png

表示された Amazon Drive のアカウントを選択し、「次」へをクリック。

20170124_10.png

ジョブの名前を決め(日本語不可)、バックアップする NAS 内のフォルダを選択し、バックアップ先を指定し「追加」をクリックします。「詳細設定」をクリックするといろいろな設定ができます。

動画を除外する詳細設定

20170124_11.png

スケジュールは毎日バックアップするほどでもないので毎週にしました。他のバックアップやディスク・スキャンが走っていない時間帯にしました。

20170124_12.png

ポリシーはデフォルトのまま。競合ファイルは Amazon Drive に残る設定にしました。(写真データなら容量無制限ですから削除する必要はないでしょう。)

20170124_13.png

フィルターでアップロードするファイルの種類を選べます。写真だけにしたい場合は「ファイルタイプフィルター」にて「含める」を選択し、「写真」にチェックを入れます。 Amazon プライム・フォトのプランには写真無制限の他に、 5 GB の無料の容量がついてくるので、はじめはそこにビデオファイルもバックアップしようと思っていました。( Fire HD などのタブレットを購入した場合はさらに 5 GB の容量が無料で追加されます。)しかし最近 iPhone で撮ったムービーは容量が大きく、すぐに 5 GB を越えてしまうので .mov を除外しました。昔撮った .avi などはバックアップされるはずです。(ビデオのバックアップは圧縮されてしまいますが Google フォトにしようと思います。)

.avi のファイルにも容量が大きなものがあり、 Fire HD と合わせて 10 GB の無料分がいっぱいになってしまいました。なので「 Hybrid Backup Sync 」の設定にて「最大サイズ」を 50 MB としました。

20170124_14.png

オプションでは再試行の回数や時間を設定できます。 Amazon Drive のアプリも 4 つずつファイルをアップロードするようなので、同時処理ファイルの数を「 4 」にしました。

20170124_15.png

「適応」をクリックすると、「今すぐ同期」にチェックが入っていたのでアップロードがすぐに始まりました。

無料容量がいっぱいになるとアップロードが止まる

20170124_16.png

途中予想より動画ファイルが多く、 Fire HD 分を合わせて無料の 10 GB を使いきってしまい、エラーが頻発しました。

20170124_17.png

設定のオプションにて「スキップされたファイルの最大数」を 10 に設定したので、無料容量がいっぱいになり写真以外のデータを 10 回アップロードを試みて失敗すると、アップロード自体が止まってしまいます。 Amazon プライム・フォト自体は無料容量がいっぱいになっても写真データは受け付けてくれるので、オプションの設定を変更すれば、エラーが出てもアップロード自体は続けるようにはできます。

20170124_18.png

「 Hybrid Backup Sync 」の設定のフィルターにて「最大サイズ」を 50 MB とし、ブラウザから Amazon プライム・フォト にアクセスして、容量の大きな .avi ファイルを削除することで、その後エラーを出さずにアップロードを終了させることができました。

120 GB をアップロードするのに 3 日弱かかった

20170124_19.png

約 160 GB のデータ(フィルターにて除外した動画ファイルを除けば約 120 GB )をアップロードするのに 1 月 20 日 12 時 42 分から 1 月 23 日 9 時 57 分までかかったので 3 日弱の時間がかかりました。

また Hybrid Backup Sync がベータ版だからかイベントログにはスタートした趣旨が表示されるけれど、バックアップタスクには現在動いているジョブとして表示されません。

あと少し問題があり Fire TV のプライム・フォトアプリからアップロードしたすべての写真が見れてしまいます。これの非表示の方法はまた記事にします。

記事にしました。
→ Fire TV で Amazon プライム・フォトの写真を非表示にする

関連記事

コメント (2)

  • ビンゴ

    再びビンゴです。

    >あと Lightroom 上で写真を「ディスクから削除」するとそのまま削除されて、

    ここのくだりですが、この問題は解決しましたか?
    たとえば、 100 枚撮影、 LR に取り込み、 40 枚を削除した場合、 Amazon Drive と同期した場合、 60 枚のみがアップロードされるのではなく 100 枚のままアップロードされるってことですよね?
    としたらこれ、かなり致命的ですよね。

  • あさこん

    ◇ビンゴさん◇
    コメントありがとうございます。
    Lightroom から QNAP 上の写真を削除すると完全には消えていなくて
    Amazon プライム・フォトにアップロードされる問題ですが、
    わたしは NAS に読み込んだ写真を消さない運用にしてるので、
    問題を感じませんでしたが、確かに致命的ですね。

    そこで検証してみました。
    わたしの環境は Mac で QNAP には SMB で接続しています。
    Lightroom から QNAP 上の写真を削除すると、何の警告もなく消えました。
    QNAP でネットワークゴミ箱を有効にしていますが、
    @Recycle のフォルダに移動することはありませんでした。
    Finder からも QNAP の File Station からも写真は見えなくなりました。
    Hybrid Backup Sync にて同期しましたが、
    Amazon プライム・フォトにアップロードされることはありませんでした。
    (以前と挙動が違います。なぜそうなったのかはわかりません。)

    また QNAP への接続を APF ( Mac の標準)にしてみたところ、
    Lightroom から NAS 上の写真を削除したところ、
    ゴミ箱に入らず削除される趣旨の警告が出ました。
    実際は QNAP のネットワークゴミ箱に削除された写真が移動されており、
    Hybrid Backup Sync にて一方向同期してもアップロードされることはありませんでした。
    (これは Mac の Finder でファイルを削除したときと同じ挙動です。)

    Mac で使う場合、 AFP で接続した方がきちんと動作するようです。
    Lightroom がファイルを削除したり移動したりするときに
    Mac に準拠したファイルの扱いではなく、
    UNIX のコマンドを叩いているような感じがします。
    このあたりで SMB 接続の場合は QNAP が対応しておらず、
    想定しているのと違う挙動をする、ということでしょう。
    検証した QNAP のファームウェアは 4.2.2 で、
    新しいものも出ているので、改善されているかもしれません。

    Windows の実機では検証していないのでわかりません。
    Mac より Window の方が QNAP を使っている方が多いと思いますし、
    不具合があったらもっと騒がれていると思います。
    これも絶対とはいえませんが……。
    勧めておいてはっきりした答えでなくてすみません。

コメントを書く

トラックバック URL