ぼやき

0

数日前トイレの換気扇が壊れたので交換したのですが、そういえば浴室の換気扇も壊れていることを思い出しました。
汲み取り式トイレの換気扇交換

換気扇の現状と交換品の選定

20161230_1.jpg

壊れている換気扇は壁に埋め込まれているもので年代物のナショナル製。たぶんこの家が建った時から交換していないだろうから 35 年前のものです。壊れて業者に依頼したら、見積もりを持ってきてくれなくてそれっきりになっていたものです。

20161230_2.jpg

わたしはてっきり壁内で電源と接続してあるものだと思ったのですが、ある日外壁を見ていると換気扇フード脇にコンセントがあるのを発見しました。ということは業者に依頼しなくても自分で交換できます。

20161230_3.jpg

とりあえずカバーを開けて埋め込んである穴の大きさを計ります。約 15 × 20 cm だったので、ナショナルこと松下が社名を変えたパナソニック製の浴室用換気扇壁埋込形 FY-13U2 の埋込寸法が 155 × 205 mm なのでつきそうです。

by カエレバ

ということで注文して翌々日に届きました。

20161230_4.jpg

プラグの組み立て

20161230_5.jpg

まずは壁内で電源と接続できるようになっている商品なので、プラグを組み立てます。

20161230_6.jpg

防水キャップを外し、コードを通してプラグにネジ止めします。

20161230_7.jpg

キャップかぶせて、根本のネジを締めれば完成です。

換気扇の取り外し

20161230_8.jpg

まずは外のコンセントを抜きます。

20161230_9.jpg

次に室内で換気扇のカバーをとりネジを外そうとしたのですが、ネジが見当たりません。止めてないのかと思ったのですが、外そうと引っ張っても抜けません。なんと埋め込みの途中の斜めに 2 本ビス打ちしてあります。これがなかなか外れません。わたしには手に負えなくて夫に交代したのですが、夫も難儀していました。片方は取れたのですが、もう片方はネジ山が腐食して形がなくどうしようもない状態です。ネジが打ってある部分は湿気が通る部分で外部に近いので結露してしまい、ネジが腐食してしまったようです。ネジを取りつける場所があるのになぜこんなところにネジを打ったのでしょう。

20161230_10.jpg

仕方がないのでネジの周りのプラスチックをドリルで破壊して取り出しました。プラスチックが固く刃が立たなかったので金属用のドリルの刃を新しく購入しました。

20161230_11.jpg

外れた古い換気扇。シロッコファンです。左側には苦戦した傷がはっきりと残りました。

20161230_12.jpg

型番は FV-10BAY-C です。これの後継機は FY-10U3 みたいですね。今回購入した FY-13U2 と仕様を比べてみると、消費電力も騒音も低いのに、換気風量はパワーアップしているようです。

品番 消費電力 換気風量(m3/h) 騒音(dB) 質量 ファン形状
FY-13U2 3.8/ 4.6 122/125 26.5/27.0 1.2 プロペラファン
FY-10U3 13.0 /14.5 66/66 35/35 1.5 シロッコファン

20161230_13.jpg

取り外した壁を見てみると、なぜ埋め込み部分の途中でネジ止めしてあったのかわかりました。木枠とタイルの間に 2 cm くらいの厚さのモルタルがあるのです。普通はモルタルを塗る厚みを考え、その分木枠をタイル側に出して設置するはずなのですが、その分が考えられていないため、電気工事の職人がタイルとモルタルをぶち抜くのが面倒だと考え(モルタルが割れそうですしね)、木枠に固定しようと埋め込み部分にネジを打ったのですね。この家の大工さんは自分で取り仕切って家を建てるのが初めてだったようで、こういう細かいところでよく失敗をしています。

換気扇の取りつけ

20161230_14.jpg

壁スイッチで入り切りできるようになっているので本体についているヒモを一度引っ張り電源が入っている位置にしてヒモをはずします。

さて問題は取りつけです。タイルとモルタルをぶち抜かなければ、木枠にネジが打てません。確か専用のドリルが必要だったはずです。とりあえずはめてみたのですが、グラグラします。考えた結果面倒なので両面テープで固定することにしました。新しく両面テープを買ってくるのも大変なので、家にあった車のエアロパーツ用のものを利用しました。耐候性がある両面テープなので風呂場でも問題ないでしょう。本当は建築用のやつの方がいいと思うけれど。

by カエレバ

20161230_15.jpg

両面テープを短く切って 4 か所に貼り付けました。左下は段差がありテープが貼れませんでした。

20161230_16.jpg

タイルの汚れを拭き取り、両面テープの剥離紙を剥がして、電源コードを先に通して、本体をはめ込めば OK です。それっぽくなりました。落ちないか確認してみましたが大丈夫そうでした。

20161230_17.jpg

カバーを取りつけました。

20161230_18.jpg

外に回ってプラグをコンセントに差して作業終了です。(アースを差す場所がなかったのが気になりますが、外壁がトタンなのでどこかから地中に電気が伝わるでしょう。たぶん。)ネジが外れなくて試行錯誤し夜になってしまいました。壁のスイッチを押すと換気扇が回り始めました。ネジがイレギュラーな位置についていて換気扇を外すのが大変でしたが、交換できてよかったです。

by カエレバ

関連記事