ぼやき

4

現在 Mac mini Early 2009 に搭載している SSD が、チップセットと SSD のコントローラーの相性で、実際のリンク速度が 1.5 Gb/s (SATA 1 相当)しか出ていないので、新しく SSD を新調することにして SSD の選定をしました。
2009年あたりのMacで実際のリンク速度が3Gb/s出るSSD

20161209_1.png

迷って購入したのは Kingston UV400

Kingston UV400 と Sandisk Ultra II のどちらにしようか迷っていると書いたのですが、迷っている間に Sandisk Ultra II が 1000 円ほど値上がりし、クーポンとポイントがつく Kingston UV400 との価格差が 3000 円を超えたので、Kingston UV400 を購入しました。Sandisk Ultra II は Mac mini Early 2009 で実際のリンク速度が 3 Gb/s(SATA 2 相当)出そうですが、Kingston UV400 は不確かなところもあり、実際に確かめてみたかった、という動機もあります。これで実際のリンク速度が 3 Gb/s が出なかったら泣くんですがね。

20161215_1.jpg

ということで Amazon から届いた Kingston UV400 480 GB。今搭載している SSD が 240 GB なので、同じくらいの容量でもいいかな、と思ったのですが、容量を食う仮想マシンが SSD に入りきらず内臓の HDD に入っているものもいくつかあるので、どうせならと容量が大きいものを買いました。TLC なので MLC の Intel 330 series と比べてかなり薄くなっています。プラスチックの躯体が多い中、金属なのには好感が持てます。

by カエレバ

Mac mini Early 2009 への SSD の取り付け

Mac mini をスクレイパーを使って開腹します。

20161215_2.jpg

Mac mini Early 2009 は光学ドライブを外して SSD と HDD を載せています。
SDD換装 〜Mac mini Early 2009をSSD+HDD化する その2
光学ベイにHDD増設 〜Mac mini Early 2009をSSD+HDD化する その3

上の記事から少し変更し SSD は光学ドライブの位置にマウンターをかませて載せているのですが、マウンターへの SSD の固定がサイドからネジ止めなのでマウンター自体を取り外す必要があります。面倒ですね。マウンターは SSD にネジを差し上からはめるタイプも売っていたのでそちらにすればよかったです。

20161215_3.jpg

見えている部品を取り換えるのにここまで分解しないといけません。

20161215_4.jpg

Intel 330 series 240 GB の SSD から Kingston UV400 480 GB へ換装しました。これを逆順で組み立てて作業完了です。

SSD の実際のリンク速度とベンチマーク

実際のリンク速度が 1.5 Gb/s しか出なかった場合、元の SSD に戻すつもりなので、カバーはしないまま電源コードを差しモニターにつなぎました。元の SSD を USB 接続の外付けケースに入れ Mac mini Early 2009 に差して起動しました。

アップルメニューの「この Mac について」→「システムレポート」→「ハードウェア」→「SATA/SATA Express」の項目をドキドキしながら見ると、実際のリンク速度が 3 Gb/s となっていました!

20161215_5.png

よかったです! Kingston UV400 では起動後白い画面になるという情報もありましたが問題ないようです。

ディスクユーティリティで初期化して、スピードテストもしてみました。

Intel SSD 330 series

20161215_6.png

書き込み 104.0 MB/s、読み込み 134.2 MB/s

Kingston SSD UV400

20161215_7.png

書き込み 193.5 MB/s、読み込み 262.9 MB/s

おおよそ倍のスピードになっています。もう少し書き込みが速くてもいい気がしますが、1.5 Gb/s から 3 Gb/s になったのでまあ妥当な速度です。

Kingston UV400 と同じ Marvell 88SS1074 というコントローラーを積んでいる Crucial MX300 の実際のリンク速度が 1.5 Gb/s となるのは、Crucial MX300 のファームウェアが自社カスタムのものだからかもしれません。(結果的にクーポンにて Crucial MX300 より安く買えたのでよかったです。)
→Amazon:Crucial MX300:Nvidia MCP79 との相性

OS のインストール

20161215_8.png

OS のインストールですが、Mac mini Early 2009 は最新の macOS Sierra はサポートされてないので、El Capitan をインストールすることになります。ディスクユーティリティにてディスクのコピーができなくなったので、(メニューから復元できるみたいです。)外付けで接続している元の SSD に入っているインストーラーから OS をインストールして、移行アシスタントを使ってデータを移しました。外付けのケースが USB 2.0 なこともあって、OS のインストールと 120 GB 程度のデータ移行に 2 時間かかりました。

起動も少し速くなったし、重いアプリケーションの起ち上がりも速くなったし、終了に時間がかかっていたのも速くなりました。満足です。

しばらく様子を見て問題なかったら、元の Intel の SSD を初期化して ML115 の起動ディスクとして搭載する予定です。

by カエレバ

by カエレバ

関連記事

コメント (4)

  • ずんだもち

    いつも楽しみに拝見しています。
    書き込むタイミングが前後しましたがが無事に3Gbpsリンクで接続出来てよかったです。

    私もmini early2009のユーザですが以前にAmazonで購入したこちらのUltraIIではリンクが1.5Gでした。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00NPIYMLW
    SanDisk SSD UltraII 240GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-240G-J25
    末尾が記事に合ったUltraIIのモデルではJ26となっているのでもしかしたら改善してるかもしれませんが。

    ExtremeProの古いモデルでは専用のファームウェアが用意されていたので期待して買ったらダメでした。
    http://kb.sandisk.com/app/answers/detail/a_id/12314/kw/Macmini%20LINK

    あとSandiskは同じ製品名で挙動が違う商品がある場合もあるので注意が必要です。
    USB3.0のメモリースティックでExteremePro32GBを購入しましたがSSDとして認識する物と一般的なメモリとしてものが混在していてサポートに聞いても見分ける方法が無いとのことでした
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00IUF56VU/
    私はSSDとして利用出来る物でしたが商品自体には高速で良い物ですが買う時にガチャになるのはコワイです。

    現在は海外になりますが3Gbpsリミットが掛かったこちらの製品を購入して使用しております。
    https://eshop.macsales.com/item/Other%20World%20Computing/SSD7E3G240/

    miniの新型でそうにないのが残念です。

  • あさこん

    ◇ずんだもちさん◇
    いつもご覧いただきありがとうございます。
    ずんだもちさんもMac mini Early 2009をお使いなのですね。
    そしていろいろなSSDをお試しになったようで感服です。

    Sandiskはロットによって使っている部品が違うのですね。
    確かにSandiskはコントローラーに何を使っているか
    製品仕様にて公式には発表してないから変更することは可能性ですね。
    改めて調べ直したところUltra II (J25)からUltra II (J26)へのマイナーチェンジでも
    シリーズ名は同じなのに使っているコントローラーが変更になっているようです。

    そしてUltra II (J25)だけでなく、Extreme Proも購入されたとは!
    Sandiskは書き込む際に一部SLCとして使い、
    そこでデータを整えてからコントローラーを介さずにTLCへと書き込むようなので、
    独自のファームウェアを採用していると思われます。
    Ultra IIもExtreme Proも3Gb/sでの報告があったのは、MacBook ProやMacbook、iMacですので、
    Mac miniとはチップセットが微妙に違うので、
    そのあたりで1.5Gb/sになってしまうのかもしれませんね。
    調べた限りではMac miniはかなり相性が厳しいようです。
    いろいろ気苦労するならおっしゃる通りSATA 2のSSDを買うのも手ですね。

    本当に貴重な報告をありがとうございます。
    Mac miniの新型早く出てほしいですね。
    Early 2009の時も購入を思い立ってから新型が発売されるまで
    すごく待たされた記憶があります。

  • ずんだもち

    お返事ありがとうございます。
    ExtremeをExtremeProと間違えて書いてしまいました。
    Extrmeは専用ファームウェアを入れるとAmazonのレビューにもある通りに3Gbpsでリンクするはずです。なおIntelのSATA3がサポートされてない古いX25mシリーズの120GBを以前は使用していましたがこちらでも大丈夫でしたのでおそらくnVidiaのチップセット側に問題がありSATA3をSATA1とネゴシエーションでミスするのではないかと思います。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00B59DXYK/
    SanDisk SSD エクストリーム 120GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDX-120G-G25AZ
    UltraII(J25)はそれより後に買ったのでExtremeで専用ファームウェアを出すほどちゃんとサポートしていたから大丈夫かと決め打ちしたらダメでした。

    NVidia MCP79 AHCI:
    Vendor: NVidia
    Product: MCP79 AHCI
    Link Speed: 3 Gigabit
    Negotiated Link Speed: 1.5 Gigabit
    Physical Interconnect: SATA
    Description: AHCI Version 1.20 Supported
    SanDisk SDSSDHII240G:
    Capacity: 240.06 GB (240,057,409,536 bytes)
    Model: SanDisk SDSSDHII240G
    Revision: X31200RL

    記事でお書きになられたExtremeProでは改善してるかもしれません。
    先日SandiskがWDへ買収される前の2万円を切った時に480GBモデルを買いたかったのですが円安と買収で値上がりしたしもうディスコンとのことで残念です。

  • あさこん

    ◇ずんだもちさん◇
    コメントありがとうございます。
    誤読しておりました。
    Extreme Proは購入されたわけではないのですね。
    失礼いたしました。

    おっしゃる通り、わたしもチップセット側の不具合だと思っています。
    Mac mini Early/Late 2009が発売されたころはSATA 3が一般的ではなかったから
    チップセットの設計段階で考慮されてなかったのでしょうね。

    SanDiskは問題は知っているけれど、少数の人に対応する気はないということなのでしょう。
    たぶんSanDiskの提供しているNANDの一部をSLCとして使うという仕組みと、
    2009年ごろのMac miniでSATA 2で実際のリンク速度を確立することが
    同時には実現できないのだと考えられます。
    ずんだもちさんの報告を聞いたあとのわたしの考えだと、Mac mini 2009では
    たぶんExtreme Proもリンク速度がSATA 1相当になってしまうと思います。
    (MacBook ProやiMacだとSATA 2になる。)

    わたしはSanDisk Ultra II (J26)を買いそうになっていたので、
    今回のNANDの供給不足によるSSDの値上がりと円安に正直助けられました。
    本当にガチャ状態なのは勘弁してほしいですね。

コメントを書く


*

トラックバック URL