ぼやき

0

前からしようと思っていたフェイスタオルのホワイト化をしました。

統一感がなく寿命がきているタオル

うちの洗面所は収納がほとんどなく、タオルが洗濯機の上のスペースに置いてあるのですが、これが色とりどりすぎて気持ちが悪いのです。

20161226_1.jpg

あとわたしがひとり暮らしをしているときに買ったものもあり、毛が抜けてしまったり、黒カビが生えてしまったものも……。以前からタオルを白にしたいといっていたのですが、実行されないまま時が経っていきました。(白だと万が一黒カビが生えても塩素系漂白剤が使えます。)

お手頃価格の白いタオルを Amazon で購入したという記事を夫が見せてくれたので、そのタオルを購入しようかと思ったのですが、タオルの厚みがわからないので躊躇しました。
→転妻収納:ホテルみたいなタオルの畳み方

こちらで紹介されていたのは以下で、泉州の 260 匁のフェイスタオルです。(商品リンクは 200 匁のものに貼られていますが、ロゴのタグがあること、1580 円という値段からこちらだと判断しました。)

タオルの厚みの目安は匁

タオルの厚みの目安として使えるのが、通販サイトのタオルでよく目にする「匁(もんめ)」です。匁は昔の重さの単位で、タオルの場合、1 ダース 12 枚の重さを表しています。1 匁は 3.75 g なので、ブログで紹介されていた 260 匁のタオルの 1 枚の重さは以下のようになります。

260 × 3.75 ÷ 12 = 81.25 g

タオルの厚さは使っている糸の量にほぼ比例するので、家にあるタオルの重さを測ることで、好みの厚さに近いタオルを手に入れられます。(重さの他に、大きさや毛足の長さで厚みが変わって感じるようです。)

お気に入りのタオルの重さを測って好みの厚さのタオルを探す

わたしが気に入っているタオルは以前セシールの通販で購入したもの。このタオルをまた購入しようとしたら、もう白っぽい色は売っていないようです。このタオルの重さを測ってみます。

20161226_2.jpg

88 g だったので匁に直すと以下のようになります。

88 ÷ 3.75 × 12 = 281.6 匁

ということで、一番近い 280 匁のタオルを購入すれば、今と使い心地が変わらないものが買えそうです。ブログで紹介されていた Amazon で売っているフェイスタオルはわたしにとっては少し薄いようです。

今回計測に使ったのはキッチンで使用しているものなので、全体的にピンクに変色してしまっています。煮洗いして白さを取り戻さないといけませんね。
ピンクに変色した白いタオルを真っ白に戻す方法(煮洗い)

いろいろなフェイスタオルの重さ

その他のタオルも測ってみました。

20161226_3.jpg

102 ÷ 3.75 × 12 = 326.4 匁

厚手だと思っているタオル。よく通販サイトでホテル仕様と書いてあるタオルを見てそんなに厚いタオルいらないよ、と思っていたのですが、自分が持っているタオルがホテル仕様でした。これは厚すぎてタオルかけに 2 つに折ってかけてるとカビることがあるのでもう少し薄い方がいいです。

20161226_4.jpg

62 ÷ 3.75 × 12 = 198.4 匁

近所の衣料品店で激安の 1 枚 65 円で手に入れたタオル。薄手でショートパイルですが目がしっかり詰まっていて使い心地がよいです。これをメインで使おうかとも思ったのですが、メインで使うには少し薄いのですよね。あと長さが少し短いです。

20161226_5.jpg

52 ÷ 3.75 × 12 = 166.4

粗品や旅館でもらえるタオル。これは薄すぎて使いたくありません。

280 匁の白いフェイスタオル

280 匁の白いタオルはなかなか売っていないようで、楽天で 10 枚セットで安くあったので購入しました。50 枚セットなら送料無料なのですが、さすがに 50 枚もいらないので 10 枚セットを買いました。ベトナム製です。

20161226_6.jpg

これが届いたタオル。商品説明通り素っ気ない袋に入っています。確認しましたがうちに届いたものには糸引きはありませんでした。

20161226_7.jpg

タオルの端もしっかり縫ってあるし、パイルの密度も濃いです。パイルの毛の長さは短めです。(写真は洗濯後です。)

薄いような気がしたので重さを測ってみました。

20161226_8.jpg

89 g なので、280 匁相当ですね。

洗濯すると厚みが出るようなので、先に 5 枚だけ洗濯してどれくらい膨らむか確認してみました。

20161226_9.jpg

こんな感じに 1.5 倍くらいになりました。畳み方は端を内側に折り込むホテルのような畳み方です。縦に 2 回折ってさらに半分と同じ大きさです。

セシールのタオルより気持ち薄い気がするのは、セシールのタオルの方が毛足が長く、少しタオルの長さが短いからだと思います。あと結構使っていたので、洗濯により繊維が抜けた分軽くなったのだと思います。全く同じようなものを求めるなら、タオルの長さや毛足の長さ検討し、抜け落ちた分少し重いものを選ぶ必要があると思います。

洗面所のタオル置き場に並べたところ

20161226_10.jpg

洗面所のタオル置き場に並べてみました。こんな感じに、今回買った 280 匁の厚手のタオル(写真右)と、近所の衣料品店で激安で購入した薄手のタオル(200 匁相当・写真左)を並べて、使う時に好きな厚さのタオルを選べるようにしました。写真は 10 枚づつです。フェイスタオルが白系で統一されると隣に置いてあるクエン酸とかセスキ炭酸ソーダとかのパッケージが気になりますね。これもホワイト化してスッキリさせたくなります。

薄手のタオルが薄くなったら、210 匁のこちらのタオルを購入しようと思っています。薄いタオルは長さが短いので少し長くて匁が多いものにしたいです。去年買ったものなのでまだまだ先の話ですが。

20161226_11.jpg

今回処分するタオル。毛が抜けたり黒ずんだり、一部カビが生えていたりしているので処分します。適当な大きさに切って使い捨てのクロスにする予定です。

関連記事