ぼやき

2

eneloop を愛用しているのですが、充電してもあまり持たずヘタってきたので新しいものを購入しました。

20160523_1.jpg

新しい eneloop は買収した Panasonic のロゴが全面に出ていてあまり好きではないのですが、 Amazon ベーシック の充電池と比べても数百円の差だったので、 eneloop を購入しました。

20160523_2.jpg

写真は左上が第 1 世代、右上が第 2 世代、下が今回購入した第 4 世代です。(第 3 世代のものは手元にありません。)

それでモバイルバッテリー代わりに使っているものなどは新しい eneloop に移行するとして、充電してもすぐに使えなくなってしまった第 1 世代の eneloop を捨てずにどのように利用しているかを紹介します。
→ iPhone 4S を単三 eneloop で充電する

壁掛け時計に利用

ヘタってきたといいつつもまだまだ使い道があるのが eneloop 。その王道は時計でしょう。

20160523_3.jpg

時計を動かすのには電力はあまり使わないので、普通の電池を使用した場合、電力は時計を動かすのではなく、ほとんど自然放電されているのが現状のようです。なので自然放電を抑えた eneloop は時計には最適。電力も使わないので古くなったので十分です。

20160523_4.jpg

去年充電していて充電池が点滅した電池を使っていますが、問題なく動いています。(赤のシールは充電器が点滅した eneloop に貼っています。)
→ eneloop の充電器が点滅したときの対処法

単 1 への変換アダプタを使ってドアチャイムに利用

20160523_5.jpg

家は古いので、ドアチャイムは単 1 電池 4 本で動くタイプです。このドアチャイム、義母が買ってきてくれた電池だと 1 年も持たなかったのです。

20160523_6.jpg

しかし単 3 の eneloop を 100 円ショップのアダプタに入れてセットしたところ、 6 年くらい利用できています。高所なので電池の取り換えが面倒なので、取り換え回数が減ることはかなりメリットがあります。
→ eneloop に単一電池アダプターを買ってきた( 100 円ショップ)

リモコンに利用

20160523_7.jpg

リモコンも消費電力が少ないので、捨てるつもりの eneloop を使うのにはうってつけです。

20160523_8.jpg

電池の液漏れでリモコンを最近ダメにしてしまったのですが、 eneloop はまだ液漏れしたところを見たことがないので、そういう面でもおすすめです。リモコンのためにわざわざ eneloop を買うのはどうかと思いますが、ヘタってきた捨てるつもりの eneloop を使うのはありだと思います。
→ SONY DHC-MD77 のリモコンが壊れたので中古品を購入 (RM-SE77)

捨てるつもりの eneloop 、まだまだ使い道があるものです。消費電力が少なく自然放電している機器に入れると、 eneloop のよさが引き立つのでおすすめです。

関連記事