ぼやき

0

2 年弱前に SONY のミニコンポ DHC-MD77 の CD プレイヤーのゴムベルトを交換したけれど、CD トレイの開閉モーターが壊れていて直らなかった記事の続きです。
SONY DHC-MD77 CDプレイヤーのゴムベルトを交換

RF-500TB-14415 を eBay にて取り寄せる

気が向いたらモーターを取り寄せ、交換してみると書いたのですが、少し円高になったしゴールデンウィーク中に eBay にてモーターを注文しました。モーターの型番は RF-500TB-14415 で送料込みの $4.69 でした。日本円で 500 円ちょっと。

20160511_1.jpg
本日午前中、中国より到着いたしました。

20160511_2.jpg

こんなふうに厳重に梱包されてきました。

20160511_3.jpg

届いた RF-500TB-14415 のモーター。

DHC-MD77 の CD プレイヤーの分解

20160511_4.jpg

DHC-MD77 の CD プレイヤーの上部パネルを外します。

20160511_5.jpg

今回交換するのは矢印のモーター。しかしこのモーターを交換するには底からアクセスし、かなり分解しなくてはなりません。(モーターの型番を調べるのに前回分解したので、やり方はわかっています。)

20160511_6.jpg

裏蓋を取ります。

20160511_7.jpg

背面パネルを外します。

20160511_8.jpg

基板同士が接続しているところが 2 か所あるので、それを外してメインの基板を取り除きます。

20160511_9.jpg

これが開閉モーターがついている基板です。写真はネジを外したところ。

20160511_10.jpg

こんなふうにモーターとそれを接続している基板が取り出せました。

ハンダごてでモーターを交換する

20160511_11.jpg

いよいよハンダごてを使ってモーターを取り外します。フラックスを塗ってハンダごてでハンダを柔らかくしてハンダ吸い取り線で除去していきます。

20160511_12.jpg

ハンダを除去したところ。

20160511_13.jpg

基板からモーターを外しました。左が元のモーターで、右が新しいモーターです。

20160511_14.jpg

基板にフラックスを塗って残ったハンダを除去し、エレクトリッククリーナーでクリーニング。フラックスが残ったままだと基板が痛むらしいです。

20160511_15.jpg

新しいモーターをハンダで取り付け。どうやらプラスとマイナスがあるようなので、つける向きに気をつけます。分解前のモーターと基板の写真を見て、つける方向を決めました。ハンダづけが下手ですが、気にしないことにしました。

20160511_16.jpg

基板にモーターがついたところ。これで故障部分は直ったはずです。

組み立てて動作確認

20160511_17.jpg

バラした時と逆順に組み立てて、前回購入したゴムベルトをかけたところです。

20160511_18.jpg

上蓋を閉める前に、電源ケーブルをつなぎ、トレイ開閉のテストをしました。ゴムベルトは φ​60 ​× ​0.95​T と φ​65 ​× ​0.95​T の 2 種類を買いましたが、φ​65​ のもので動きました。φ​60 のものは予備としてとっておくことにします。

20160511_19.jpg

CD を入れて PLAY ボタンを押すとスピーカーから音が流れ始めました。CD プライヤーがまともに動くようになったのは何年ぶりでしょうかね。しかしこの DHC-MD77 ですが、どうもリモコンの調子が悪いのです。リモコンがないと電源を入り切りするのが面倒なので、どうにかしたいです。まだまだ修理は続くのでした。

20160511_20.jpg

余談ですが、分解した時に外したネジは分解順に製氷トレイに入れておくと、なくならないしどのネジを使うかわかりやすいですよ。

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

関連記事

コメントを書く


*

トラックバック URL