ぼやき

2

デジモノステーション 2 月号の付録で話題になった 0 sim が正式サービスとして So-net から発表されました。
→ So-net モバイルサービス: 0 SIM

正式サービスはデータ専用 SIM のほか SMS つきや音声通話つきのプランがあります。データ専用が 0 円〜、 SMS つきが月 150 円(税抜き)〜、音声通話つきが月 700 円(税抜き)〜、という価格です。もちろんデータ容量が 500 MB 未満までならそれ以上の料金はかかりません。初期費用として 3240 円(税込み)支払う必要があります。

音声通話つきは MNP もできます。しかし転出には相場より高い 7000 円かかるので、通話つきで格安 SIM を渡り歩いているような人にはあまりオススメできないですね。

データ専用 SIM と SMS つき SIM は 3 か月データ通信がないと自動解約されます。(音声通話つき SIM は自動解約されない。)

その他はデジモノステーションの付録の 0 sim by So-net と同じです。
月 500MB まで無料の SIM が付録のデジモノステーション 2 月号を買ってきました

それでわたしは SMS つきに乗り換えるか迷っています。公式の構成プロファイルでは LTE が不安定だったのですが、改造プロファイルで LTE のつかみも早くなったので、 iPhone 5s では 0 sim は十分使用に耐えうります。でもメインで使うならアンテナピクトがないと電波状態が悪い時に原因がわからず地味に不便だったりします。
→ 0SIM by So-net で iPhone にて LTE を速くつかむプロファイル 2 つ

現在契約している IIJmio にて今月 1 月は 1004 MB 使用しました。 6 日程家を留守にして Wi-Fi がない環境で過ごしたのでかなり使いました。 0 sim だったら 600 円かかります。 2 月も家を留守にする予定があるので、 IIJmio を使う予定です。 3 月からはそんなに使う予定もないので、切り替えようかと思いますが、 SMS つきの方がいいか迷いますね。普通だったらデータ専用 SIM を使ってて不便を感じたら乗り換えればいいのだけれど、サービスの説明ページにこんな文言があるのです。

※ 本サービスは予告なくお申し込み受付を終了する場合があります。予めご了承ください。

今なら SMS つきにできるけど、いつ受け付け終了するかわからないのです。しばらく悩んでみようと思います。その間にサービス受付が終了したら縁がなかったと思うことにします。

関連記事