ぼやき

0

4月の終わりに2017年にはガラケーの製造を中止するというニュースが飛び込んできました。ガラケーの出荷台数が減ってきたので専用チップとかの採算が取れないのだそう。中身は Android で外見はガラケーのガラホなる機種を docomo と au は発売しましたが、中身が Android っていうだけで、Google ID を入力させられたり、いろいろ情報抜かれるんじゃないかって思うのはわたしだけでしょうか。あと au のガラホの料金プランはガラケーより高いです。

ダンナも携帯2台持ちでガラケーは P002 という機種を使っているのですが、これがすごく粗悪品なのです。サブ液晶は表示されなくなるし、電源ケーブル差し込むところの蓋もしまらなくなってしまいました。周波数変更の時にタダで配っていた機種なので作りがあまいのかな、と思っています。あと以前コメントいただいた情報だと製造元が倒産したため、メールアドレスの変更などができなくなっているようです。

ボロボロのP002

ということで従来のガラケーが手に入るうちに、ガラケーの白ロムを1台調達することにしました。機種を検討するのが面倒なので、機種はわたしと同じ K006 にすることにしました。今の相場だと新品で 8000 円程度、中古で 2000 円前後といったところです。

by カエレバ

白ロム購入したK006

こちらがオークションで落札した端末。細かい傷はありますが、気にならない程度。

SIMロックがかかっています

試しに SIM カード入れてみたら、エラー。これは au の端末には最初に差した SIM でしか使えないように端末ロックがかかっているために起こります。このロックを au ショップで手数料 2160 円払って解除してもらう必要があります。ロッククリアというらしいです。

auショップでロッククリアしてもらった

料金は後日利用料金と一緒に請求されます。オークションなどではロッククリアされた端末も売っていますが、値段が高めです。

無事使えるようになりました

au ショップで手続きしてもらってようやく持ち込み機種変完了。かかったお金は全部で 5000 円程度でした。これだったら高くても周波数変更で強制機種変されたときにお金払ってガラケー買ってた方がよかったかもしれないですね。でも当分使えるからよしとしましょう。

関連記事