ぼやき

2

eneloop を充電しようとしたら充電器が点滅して充電できなくなってしまいました。

20150411_1.jpg

説明書を見てみると、2 秒と 0.5 秒の点滅があり、今回の点滅は 0.5 秒に該当しそうです。0.5 秒の点滅は充電できない電池が混ざっているときにこの点滅が起きるようです。充電できない電池とは、充電回数を超えてしまった電池と、アルカリ電池などそもそも充電できない電池の2通りです。
→Panasonic:NC-TG1 説明書

20150411_2.png

2本の eneloop を充電していたので、1本づつ充電してみると、そのうち1本で充電器の点滅がおきました。この1本が充電回数を超えてしまっているようです。

eneloop の充電回数の目安は下記です。
第1世代:1000回
第2世代:1500回
第3世代:2000回
第4世代:2100回

充電できなくなった eneloop は初代なので 500 回 1000 回のようです。Wii のリモコンとか犬の散歩の懐中電灯とかでヘビーに使っていたので、いつのまにか 500 回 1000 回くらい使っていたのかな、といった感じです。

放電し再充電してみる

説明書に書かれている対処法は放電させて再度充電してみろ、とのことなので、消費電力の小さいものがいいだろうと考えて、単三電池1本で使えるペンライト(100円ショップ製)があったのでそれに入れてしばらく放置してみました。

20150411_3.jpg

1〜2時間で消えるだろうと思っていたのですが、eneloop は思いのほか持ちがよく、結局一晩放置しました。ライトの灯りが消えたのを確認し、eneloop を取り出し再度充電器にセットして充電開始。無事に充電を開始しました。なんだか拍子抜けしました。

20150411_4.jpg

しかしこれで解決したと思ったら、充電開始から6時間後 eneloop の充電器が再び点滅し始めたのです! 問題は振り出しに。

ダイソーの充電器で充電してみる

実は放電でダメだった時のためにダイソーで制御回路のついていない充電器を購入していたのでそちらで充電してみました。
→OKWave:エネループ 充電中点滅

20150411_5.jpg

この充電器は充電後自動的に停止せず、充電し続けるというものです。エラーチェックが厳しくなく無理に充電し擬似リフレッシュしてくれるようです。パッケージによると単三電池 1300 mAh のもので充電時間は 11.5 時間となっています。第1世代 eneloop は 1900 mAh のでそれより少し長めに充電してもよさそうです。

20150411_6.jpg

そしてダイソーの充電器で1晩充電して取り出した eneloop を再度 eneloop 専用の充電器にて充電してみたところ、点滅することなく充電が終了しました。とりあえず eneloop は復活しましたが、また点滅するかもしれないので、この eneloop に印をつけてどの電池だったかわかるようにして様子をみてみます。

劣化した eneloop の使い道をまとめてみました。
ヘタってきたeneloopの使い道 〜劣化して捨てる前に

by カエレバ

by カエレバ

関連記事

コメント (2)

  • たくねっと

    >充電できなくなった eneloop は初代なので 500 回のようです

    初代eneloop の充電回数は1000回ですよ。

    また、説明書にある「寿命」とは、スペック上の充電回数を終えたという意味ではありません。単に「寿命」です。

    スペック上の充電回数は、あくまでもJIS規定の条件下での回数ですから、個々人の使用環境によって当然それは変動します。スペックを超える回数充電できる場合もありますが、数十回で寿命になるような事もあります。

    充電回数や理由はともかく、既に充電に適さないほど傷んでしまった場合に「寿命」と判断しています。

    なお、電池や充電器の端子の汚れがエラーの原因となる場合もありますので、一度きれいにしてみると点滅しなくなるかもしれません(試す価値はあります)。

    参考まで。

  • あさこん

    ◇たくねっとさん◇
    コメントありがとうございます。
    eneloop 初代の充電回数はわたしのミスだったので訂正しました。

    充電回数を満たさなくても寿命を迎えることがあるんですね。
    勉強になりました。

コメントを書く


*

トラックバック URL