ぼやき

0

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第19弾 大阪城〜金沢兼六園が1月3日に放送されました。

以下が今回のルートの全体像です。(一部経由地などを調べきれなかったので、適当にしてある場所がありますのであしからず。)

今回のゲストはマルシアさんでした。前回の野村真美さんみたいに健脚ではなく、200 m しかあるけないと冒頭にいっていました。近江今津駅でマキノ駅か小浜がという選択の時、10 km 歩きがあるマキノ方面を「無理無理無理」といって小浜へ向かいましたが、結局バスはつながらず、宿送迎だったり、道路状況が悪くロケバスに乗ったりしても、結局歩く羽目になってしまいました。

マルシアさんの起用には賛否両論あるようですが、わたしはよかったと思います。歩くことを知らない初期を彷彿とさせるようで楽しめました。ブラジル人だからか自己主張が強いところもありましたが許容範囲でした。

正解ルートはたぶんマルシアが拒否した 10 km 徒歩のマキノ方面(161号沿い)です。マキノ病院前→国境(徒歩10km)疋田→敦賀駅というルートになります。このルートの方が圧倒的にシンプルです。ただこのルートの徒歩区間も道路状況が悪いようなので、ロケバスワープになっていた可能性もあります。

他にも2日目小浜駅でなぜ1本前のバスに乗らなかったのかとか、清風荘へいくのにどうしてバスで須ノ浦までいかなかったのかとかいろいろありますけれどこれ以上深追いしないことにします。

それと今回シリーズ最多の44本のバスに乗ったとありますが、実際ルートを引いて数えてみたら39本のバスにしか乗っていませんでした。どこで誤差が出たのでしょうか。

話は逸れますが、放送後、ルートマップを作成し始めたんだけど、Google Maps がリニューアルされていて「道なりに線を引く」というツールがなくなっており、ルートマップを作るのが大変でした。新しい Google Maps には「運転ルートを追加」というメニューがありこれだと「道なりに線を引く」と同じように線を引けるのですが、1つの道なりの線ごとに1レイヤーを消費するので、引ける線に上限があるのです。結局、Google Maps で概ね作っておいて、データをダウンロードし KMZ を解凍し KML を結合するという荒業で KML を作成しました。(KML を Google Maps 上に表示させる WordPress プラグインを自作しているので、それでマップは表示させています。)

関連記事