ぼやき

2

平成26年分の確定申告ができる e-tax の推奨環境が発表されていますね。

20141223.png

平成26年分は Mac では Mac OS X Lion (10.7)、Mountain Lion (10.8)、Mavericks (10.9) の3つのバージョンから e-tax できるようです。最新 OS の 10.10 Yosemite は非推奨のようです。また Snow Leopard (10.6) は推奨環境から外れています。

去年分で Mavericks が推奨環境から外された原因となった Smart Card Services も、今回は Yosemite バージョンがリリースされています。去年分でも Mavericks 非推奨だったけれど多少問題あったけれど e-tax できたし、普通に考えたらできそうな感じがしますがどうなのでしょうか。

また前回分でエラーが出ていた Java のルート証明書が自己署名だったのをどう解決したのか、年明けの1月5日の確定申告書等作成コーナーのオープンが楽しみです。


Mac OS X 10.10 Yosemite でも去年の Mavericks と同じ手順で非推奨ながら確定申告できるようです。
ドライバなどのインストール手順は下記を参照。
Mac OS X 10.9 Mavericksでe-Taxに挑戦!【Macのセットアップ編】
Java のエラー回避などは下記を参照。
e-Taxで確定申告してつまずいたところ 〜Mac OS X 10.9 Mavericks

Java のルート証明書は去年と同じく自己署名のままで、例外 URL を入力して回避する方法を取っているようです。

by カエレバ

関連記事

コメント (2)

  • えるくん

    YOSEMITE(10.10.2)とsafari8.0.3の組み合わせで
    無事申告できました。

    ICカードリーダのドライバをインストールする際に、
    メーカーサイト にある純正ドライバーのインストーラが失敗するだけでなく
    標準のCCID クラスドライバーを削除してしまう業物だったのにしばらく気がつかず難儀しましたが、なんとか設定完了。
    2/7に申告を送信して、2/24に還付金の振込予定です。
    さすがに田舎は速いや。
    大変参考になりました。ありがとうございました。

  • あさこん

    ◇えるくんさん◇
    コメントありがとうございます。
    Yosemiteにて確定申告できたとのご報告をありがとうございます。
    カードリーダーのドライバの件は追記したいと思います。
    わたしも本日e-taxいたしました。
    やはり税務署に出向かなくていいのはラクですね。

コメントを書く


*

トラックバック URL