ぼやき

0

義父母が住んでいる母屋の洗濯機は二層式でした。なんでも一度全自動洗濯機を購入したものの、洗濯槽がカビカビになってしまい、二槽式に戻したのだそうです。義母が「洗濯したから腰がいたい」とよくいっていたので、洗濯槽がカピるのは風呂場に置いているからで、全自動洗濯機を買って脱衣所か洗面所に設置すればいいのに、と以前から思っていました。

話を総合すると、腰が痛くなるの二層式のせいだけではないようで、洗いは洗濯機で行っているがすすぎはバケツに水を張り手で行っているとのこと。水を含んだ布地は重くなるから、それは腰が痛くなるわ、と納得。しかも中腰だし。

あとすべて目の細かいネットに入れた上に白物と黒物をそれぞれわけて洗濯しているようです。細い目のネットなら一緒に洗ってもそんなに白いのつきませんよ、っていっても、白物と黒物を一緒に洗うのには抵抗があるみたいです。(まあ、ここらへんはわたしも洗濯へのこだわりがあるので、したいようにすればいいと放置です。)

そして風呂場には洗濯機専用の水栓がないので、現在はシャワーのホースを伸ばしてきて洗濯機に水を張っている模様。洗濯機用の水栓が風呂がにないことを疑問に思って訊いてみると、家を建てた時に大工さんが想定していた洗濯機置き場は屋外なので、洗濯機用水栓は外についているとのこと! 聞いているだけでいろいろ不便そうです。

二槽式洗濯機が壊れたのでカビが生えにくい全自動洗濯機へ買い換え

そんな折、今年の1月の半ば頃に二槽式の洗濯機が壊れ新しいものに買い換えることになりました。義母の希望は全自動洗濯機を購入すること。しかし、風呂場に置くとカビるので脱衣所に置きたいが、風呂場にあるシャワー混合水栓からでは水が取れないのではないか、と心配しておりました。

カビに関しては、脱衣所に設置場所を移すことと、洗濯槽が穴なし1層のシャープのものを購入することで対策しました。前述のように白物と黒物を分けてこまめに洗濯しているし、毛布などの大物はコインランドリーで洗濯しているようなので、容量はそんなにいらないということで、シャープの 5.5 kg か 6.0 kg を購入することにしました。斜めドラムの洗濯機は義姉が購入して腰が痛くなるといっていたので、除外し初めから縦型のものに絞りました。

by カエレバ

by カエレバ

2月初めの購入時にはシャープの 5.5 kg も 6.0 kg も値段がほとんど変わらなかったので、6.0 kg をビックカメラ.comiconで購入しました。水栓をいじったり、脱衣所の床の補強などいろいろこちらでしなければならないことがあったので、設置なしで古い二槽式の引き取りお願いしました。(現在は4月からの新生活への需要と、消費税増税で洗濯機も購入したときより1万弱高くなっています。)

全自動洗濯機の給水についての検討

次に設置希望場所の脱衣所には水栓がないので、隣の風呂場から取ってこないといけません。風呂場のシャワー混合水栓からどのように分岐するかを検討して以下のような方法を提案しました。取付けてあったシャワー混合水栓は KVK KF800 というものでした。

20140321_2.jpg

A. 洗濯機と食洗機のニップルは同じなので、食洗機用ニップルを水栓を壁の間に設置する。

by カエレバ

B. シャワー水栓のカラン部分の根元に分岐を設置する。

by カエレバ

C. 潰してある風呂場の水道管に水栓をつける。

by カエレバ

この提案で結局一番コストが安く不安が少ない B にすることにしました。A は1つのハンドルをひねるだけで水が出てくるのはうれしいけれど、シャワー水栓なので重みでガタつくかもしないこと、C は転んで頭を打ったりしたら嫌だとのこと。

水栓はいろいろなネジ山の規格があるので、その部品が現在ついている水栓に取付けられるか、図面や補修部品を調べてネジ山の規格を特定するのが大変だったです。

シャワー混合水栓にマルチ分岐に取付け

20140321_1.jpg

カランのネジを外し、カクダイのマルチ分岐 (切替弁型) 7892 を取付けたところです。カランの位置が 5 cm ほど下に下ります。

20140321_3.jpg

洗濯前に風呂場の混合水栓に洗濯ホースをつなぎ、排水ホースを風呂場に垂らすという作業が必要になりますが、以前に比べたら楽に洗濯ができるようになったはずです。

ちなみに水栓から洗濯機まで2間ほど離れていましたので、5 m の給水ホースを購入しました。延長ホースでもよかったのですが、途中で外れたら悲惨なことになるので1本でつながっているものにしました。

by カエレバ

関連記事