ぼやき

0

バジルペーストを作った日、実は梅ジャムも作ってました。2か月ほど前にいただいた梅をジャムにしようと思って冷凍したままだったので、重い腰を上げて梅ジャムを作りました。夏になり冷凍庫が梅に占領されているのはきつかったからです。そしてこの日は珍しく涼しかったので火を使う作業にはもってこいだったのです。

近くのスーパーに梅ジャムの作り方のレシピがあったのでそれを見ながら作ってみました。

梅ジャムの作り方

分量のめやす

  • 梅 1 kg
  • 砂糖 0.8〜1 kg

手順

  1. 梅(黄色く熟したもの)を水洗いして軽く水気をきったのに冷凍庫で24時間以上凍らせます。冷凍した梅を使うことできめ細かいジャムができます。
  2. 酸に強いホーロー鍋か土鍋等に、1と砂糖の半分程度を中火で水分が出るまで煮詰めます。しばらくすると果肉がとろけてくるので、とろけきったら種をすべて取り除きます。
  3. 残りの砂糖を入れ、少しシャブシャブの状態になるまで煮詰めて行きます。アクが出たら取り除き、わずかにとろみがでるまで(15〜20分程度)煮詰めてください。煮詰めすぎるとビン詰め後に固まり過ぎます。
  4. あら熱を取ったら熱消毒したビンに詰めます。1 kg の梅で約 900 ml のジャムができます。未開封の場合、冷蔵庫で1〜2か月保存できます。さらに長期保存する場合は、ビンを熱湯殺菌(脱気)処理されてください。

実際に梅ジャムをつくってみた

20130731_1.jpg

下処理した(乾いた布で拭きヘタみたいのを取り除いた)梅を冷凍したものです。小さい方のジップロックは梅ジュースを作ったあとの梅です。これもジャムにできるみたいです。

20130731_2.jpg

梅を土鍋やホーローの鍋に入れます。酸が強いのでアルミもステンレスも避けたほうが無難です。これに分量の半分の砂糖を入れます。今回は梅ジュースの残りの分(250 g)とあわせて 1.25 kg ありましたが、砂糖は 1 kg と控えめで作ってみました。(梅ジュースを作ったあとの梅の場合、砂糖は質量の2〜3割。)

20130731_3.jpg

梅から汁が出てきて崩れてきたら梅の種を取り除くのだけれど、もっと実が柔らかくなってスルっと種が取れるのかと思って煮詰めすぎてしまいました。写真のはすでにアクが出ちゃってます。

20130731_4.jpg

そんなに種の周りの繊維までするっと取れるものじゃないとわかったので、種を取り除きました。しかしこの梅の種を取り除く作業が一番面倒だった!

20130731_5.jpg

残りの砂糖を入れる前にすでにとろみがついちゃったから、砂糖を入れて全体的に溶けたらすぐに火を止めました。これでよかったのでしょうか?

20130731_6.jpg

煮沸消毒したビンに詰めてフタを少し緩めた状態で上から熱湯をかけてできあがり。これでこれだけ殺菌しておけば結構長持ちすると思います。しかし思った以上にできたので、ビンが足りず煮沸消毒してないビンにも詰めてしまいました。このビンに入っているのから食べないと!

関連記事