ぼやき

0

F1 ハンガリー GP 、ハミルトンがメルセデス移籍後初優勝! おめでとう! 表彰台には載ってたけれど、チームメイトのロズベルグはすでに 2 勝していて、 1 勝がほしかったハミルトン。優勝できてよかった。

予選でハミルトンがポールを取ったのがすべての始まり。ラジオでポールと聞いて信じられなかったらしいハミルトン。しかしスタートもばっちり決めて、タイヤに厳しい走りをするハミルトンだからこそ、きっちりタイヤを替えて、コース上ではアグレッシブにバトンとウェバーをオーバーテイクしていって優勝した。ハミルトンのいいところが見られたレースだったと思う。いわゆるタイヤゲート事件で若手テストに参加できなかったメルセデスだけれど、それを感じさせない走りだった。

2 位のライコネンはタイヤをいたわり 2 ストップで、最後ベッテルに突かれながらも守りきりフィニッシュ。ハンガリー GP から新しく導入されたタイヤはあまりフロントが温まらないといっていたけれど、きちんと仕事をして 2 位に滑りこんでくるあたりがさすが、ライコネン!

3 位のベッテルはスタートで出遅れてトップに立てなかった時点で、こんなもんだろうな、と思った。ベッテルはポールとってスタート決めてクルージングするのが勝ちパターンで、競ってバトルするのは苦手な気がする。血の気が多いのかな? それともマシンの空力が先頭を走っているときはいいけれど、誰かの後ろをくっついていくのには向いてないのかしら? マシンの性能だったらウェバーだって上手くいかないだろうし、やっぱりドライバーなんだろうな。あとライコネンのバトルのときに、スペースを空けてくれなかった、とラジオで主張していたけれど、十分スペースあったような……。それを表彰台のインタビューで突っ込まれてバツが悪そうだった。

それから予選 3 位のグロージャン。ピットストップでベッテルをアンダーカットしようとしたのはいいけれど、なぜかバトンの後ろに出てしまって、結局ベッテルに先にいかれてしまった。しかもバトンをオーバーテイクするときにシケインをカットしてドライブスルーペナルティ。それをラジオで聞いた時「 Why? 」とグロージャン。これでせっかくいいポジションだったのに 6 位フィニッシュ。

それからハミルトンのチームメイトのロズベルグは 4 番手スタートでいいスタートをしたのだけれど、その後マッサと接触して順位を落としして、最終的には 66 周目にエンジンから火が出てリタイアした。優勝したハミルトンとは対照的な感じ。

これから 1 か月 F1 は夏休み。次回ベルギー GP は 8 月の最終週、スパ・フランコルシャン・サーキットにて。

関連記事