ぼやき

4

Mac OS X 10.8 Mountain Lion に移行しようかな、と思ったのは、最近 Mac OS X 10.6 Snow Leopard Server の値段がお手頃になってきたからです。今使っているソフトはほとんど Intel ネイティブで動くのですが、たまに Rosetta アプリが必要になるのです。 VMware Fusion などの仮想環境に Snow Leopard Server をインストールすれば、 Mountain Lion でも Rosetta が使えるのでいざというとき安心です。

Apple のライセンスの関係上、仮想環境にはサーバー版しかインストールできません。クライアント版(サーバー版じゃない普通の Mac OS X )がインストールできれば安上がりなのだけれど、 Snow Leopard 以前の OS ではそれはできないことになっているのです。( Lion 以降はクライアント版もインストールできます。) VMware Fusion 4.1 でクライアント版がインストールできるようになったけれど、バグだったらしくすぐに修正版が出ました。なので仮想環境で Snow Leopard を使いたかったら、サーバー版を入手するのが一番安全安心です。

そこでお手頃価格になった Mac OS X 10.6 Snow Leopard Server のパッケージを購入しました。輸入版でパッケージ等は英語ですが、 Mac のインストーラーは多言語なので日本語で使用できます。

20130313_1.jpg

Snow Lepard から Mountain Lion への移行を視野に入れて、 VMware Fusion 5 に Snow Leopard Server をインストールします。

VMware Fusion 5 のインストール

VMware Fusion 5 のインストールは特に難しいところはありません。ダウンロードしてきたものをインストールするだけです。管理者パスワードとライセンスキーが必要になります。

20130313_2.png

VMware Fusion 5 VMware Fusion 5

アクト・ツー 2012-09-28
売り上げランキング : 12

Amazon で詳しく見る

VMware Fusion 6 が発売されました。 2013 年 9 月 30 日までに VMware Fusion 5 を購入した方は VMware Fusion 6 への無償アップグレードが受けられます。
→ act2 ストア: VMware FUSION 6 へ無償アップグレードのお知らせ

VMware Fusion 5 に Snow Leopard Server をインストール

インストール後の画面で「新規作成」を選びます。

20130313_3.png

下の画面が表示されるので、 Snow Leopard Server のインストールディスクを DVD ドライブに入れます。今回は外付け DVD ドライブを使用しました。

20130313_4.png

「このオペレーションシステムをインストールする」が選択されているのを確認して「続ける」をクリック。

20130313_5.png

仮想マシンの設定はあとからでも変更できるのでとりあえず初期設定のままにしてみました。

20130313_6.png

「設定のカスタマイズ」をクリックして「キーボードとマウス」にて「 Mac プロファイル」を選ぶと、初めの設定で日本語が入力できない自体を避けることができます。
また「ハード ディスク (SCSI) 」の詳細オプションにて「 2 GB ファイルに分割」のチェックを外した方が起動が仮想マシンの速くなります。

仮想マシンの名前を決めます。

20130313_7.png

リンゴマークが表示され仮想マシンが DVD から起動します。

20130313_8.png

「主に日本語を使用する」を選択して次へ。

20130313_9.png

インストール画面が表示されます。

20130313_10.png

インストール先を選びます。デフォルトのままで OK 。

20130313_11.png

インストールが始まります。

20130313_12.png

DVD-ROM からだからかインストールにかなり時間がかかります。途中 Mac がスリープ状態になり、インストールが止まっていました。「システム環境設定」の「省エネルギー」からスリープしないに設定しておいた方が安心です。

Snow Leopard Server インストール後の設定

VMware Fusion 5 に Snow Leopard Server のインストールが終わると、仮想マシンが再起動され設定画面が表示されます。クライアント版でも OS を再インストールすると表示されますが、サーバー版の場合少し設定が多いので、そのあたりの違いを書いていきます。ちなみに Snow Leopard Server をサーバーとして使うつもりはないので、サーバーの設定は省くか適当に行なっています。

まずは国の設定です。「日本」を選びます。

20130313_13.png

次にシリアル番号の入力です。 Snow Leopard Server にはシリアルがあるのですね。知りませんでした。パッケージに同封されているシリアル番号を入力します。

20130313_14.png

既存サーバーの転送はもちろんしません。

20130313_15.png

キーボードはことえりを選びます。

20130313_16.png

ユーザ登録なのですが、ここで困ったことが起きました。なぜかキーボードからアルファベットしか入力できないのです。なので白紙のまま「次へ」をクリックしてしまいました。

20130313_17.png

時間帯の設定。近い都市を選びます。

20130313_18.png

管理者アカウントを設定します。アルファベットしか入力できませんが、アルファベットで設定しました。リモート関係のチェックは外しました。

20130313_19.png

ネットワークの設定。これは初期値のまま次へ。

20130313_20.png

ネットワーク名の設定。「プライマリ DNS 名」の意味がよくわからないので白紙にしようとしたら、エラーで進めませんでした。なので適当な名前を設定しました。「コンピュータ名」はファイル共有などで表示される名前なのでわかりやすい名前を設定しました。

20130313_21.png

ユーザとグループ。これも初期値のまま次へ。

20130313_22.png

サービスはサーバーの機能を使うつもりはないので「ファイル共有」だけ有効にしてあとはチェックを外しました。インストール後にも変更できるので全部のチェックを外しても構わないと思います。

20130313_23.png

クライアントのバックアップ作成。仮想マシンにバックアップを作成されても困るのでチェックを外します。

20130313_24.png

確認画面。

20130313_25.png

「設定」をクリックすると設定が始まります。

20130313_26.png

設定が完了したので「 OK 」をクリック。

20130313_27.png

VMware Fusion 5 の仮想マシンとして Snow Leopard Server が起動しました。

20130313_28.png

ソフトウェア・アップデートをかけます。

20130313_29.png

こんなふうに Mountain Lion 内の仮想マシンとして Snow Leopard Server が動きます。

20130313_30.jpg

仮想マシン Snow Leopard Server がうまく動かない

無事にインストールは終わりましたが、 Snow Leopard Server がうまく動いていないのでそのトラブルを解決します。

仮想マシンの Snow Leopard Server で日本語が入力できない

VMware Fusion 5 上にインストールした Snow Leopard Server でキーボードからアルファベットしか入力できず、日本語が扱えません。

対処方法はまず VMware Fusion 5 の仮想マシンライブラリの「設定」から「キーボードとマウス」を選択。

20130313_31.png

「 Mac プロファイル」を選択します。

20130313_32.png

上記の設定をすればだいたい使えるようになるのですが、 JIS キーボードが US キーボードとして認識されてしまいます。これを解決するには一度仮想マシン( Snow Leopard Server )を終了し、「書類」フォルダにある仮想マシンを右クリックして「パッケージの内容を表示」を選択。

20130313_33.png

その中の「 .vmx 」という拡張子のファイルをテキストエディットで開きます。今回は「 Mac OS X Server 10.6 (64 ビット ).vmx 」というファイル。

20130313_34.png

このファイルの末尾に下記を付け加えます。

keyboard.vusb.idVendor=0x05AC
keyboard.vusb.idProduct=0x020D

20130313_35.png

Snow Leopard Server を起動すれば、 JIS キーボードが認識されます。しかし「英数」キーだけは認識されないようなので、代わりに「オプション」+「スペース」キーで英字と日本語を切り替える必要があります。

→ act2.com : VMware Fusion 4 、 5 に MacOS をゲスト OS としてインストールすると、 JIS キーボードが US キーボードとして認識されてしまう

Snow Leopard Server の画面の大きさが変更できない

VMware Fusion 5 上の仮想マシンである Snow Leopard Server の画面解像度が 1024 × 768 に固定されてしまいました。

20130313_36.png

これは VMware Tools をインストールすることで解決できます。インストールは Snow Leopard Server を起動した状態で、メニューバーから「仮想マシン」→「 VMware Tools のインストール」を選択。

20130313_37.png

「 VMware Tools 」というボリュームがマウントされるので「 VMware Tools のインストール」をクリック。以下指示に沿ってインストールを行います。

20130313_38.png

この画面が出てきたらインストール成功です。

20130313_39.png

「システム環境設定」の「ディスプレイ」で確認すると、選択できる解像度が増えています。

20130313_40.png

→ act2.com : Mac OS Lion をインストールすると、仮想マシンの画面解像度が 1024 × 768 に固定される

仮想マシンである Snow Leopard Server からの音が出ない対処法は下記参照。
→ VMware Fusion の Snow Leopard Server から音が出ない!
Rosetta で PowerPC アプリケーションを動かしてみたのはこっち。
→ Mountain Lion で PPC アプリを動かしてみる(仮想マシンの Rosetta 経由)

VMware Fusion 5 VMware Fusion 5

アクト・ツー 2012-09-28
売り上げランキング : 19

Amazon で詳しく見る

関連記事

コメント (4)

  • 奈緒

    こんにちは。
    とても mac に詳しそうなので質問させて下さい。
    現在使用してる MBP 10.6.8snow leoprd から上に上げたくてもソフトが使えなくなるので
    あげられずにいました。
    それで色々調べた結果このサイトへたどり着きました。

    MBPOS10.6.8 内のソフトを OS10.7 以降の imac 上で動かす場合
    Mac OS X 10.6 Snow Leopard Server を使って動かすことが出来ますか?
    古い OS は新しい OS からだと外付け HDD からも立ち上がらないと読みました。
    ダウングレードも不可だとも。

    OS10.7 以降の OS 上で以前の OS を使用する方法を御存知でしたら
    ご教授下さい。
    よろしくお願いします。

  • あさこん

    ◇奈緒さん◇
    こんにちは。コメントありがとうございます。

    Mac では出荷時にインストールされた OS より古い OS はインストールできないようになっています。
    なので VMware Fusion というソフトを使って古い OS を「仮想マシン」としてインストールしています。
    奈緒さんの環境でいうと iMac の Mac OS 10.7 を起動している状態で、
    その中で別のマシーンの Mac OS X 10.6 Snow Leopard Server が動く感じです。
    基本的に別 OS なのでファイルのやりとりなどは少し面倒です。
    10.6 で動くソフトがネックで OS が上げられないのなら、現時点の解決方法は仮想マシンくらいだと思います。
    ソフトにより正常に動作しないこともありますが、
    わたしが試したソフトはすべて動きました。

    実際に 10.7 以降で動かなくなったソフトを Mountain Lion にて
    VWmare Fusion 上の 10.6 Server で動かしているので参考にしてみてください。
    → Mountain Lion で PPC アプリを動かしてみる(仮想マシンの Rosetta 経由)

    VMware Fusion はブラックフライデーのセールで現在 30% off ですよ。

  • 奈緒

    あさこんさんがコメントで残してくださった記事を読んで
    VMware Fusion を試そうかと思ったのですが
    Parallels Desktop for Mac でも動く記事を見かけました。
    初心者にはどちらが簡単ですか?
    また、購入の基準となるのはベースになる OS に対応したものでないと
    ダメですよね。
    ( imac10.7 ならそれを含むそれ以降に対応する VMware Fusion か Parallels Desktop for Mac )

    10.6 Server と上記のいずれかを一緒に購入となると結構しますが
    簡単にインストールできる方がご存知ならと思って、再度書き込みました。
    私が使いたいのは office2008 と CS photoshop,illustrator だけなのですが
    10.6 が動くからといって、ソフトが全て動くわけではないようなので
    ちょっと不安になっています。
    教えていただいた記事も読ませて頂きました。
    読んでるだけで自分でもできそうな気分になるところがちょっと怖いですが
    とても楽しいです。

  • あさこん

    ◇奈緒さん◇
    私は VMware Fusion 一筋で Parallels Desktop for Mac は使ったことがないので
    どちらが簡単かはお答えすることができません。
    iMac の OS のバージョンが 10.7 なら、 10.7 で動作する Fusion か Parallels を用意する必要があります。

    Fusion か Parallels の 10.6 でソフトが正常に動くかですが、
    ほとんどの場合問題なく動きますが、動かない可能性もある、ということです。
    あと以前にも書きましたが、 10.7 (ホスト側)と 10.6 Server (クライアント側)での
    ファイルのやりとりとコピーペーストなどが少々面倒だという感じです。
    office2008 、 CS photoshop 、 illustrator は 10.6 Server で使ったことがないので、
    確実に動くとはいえないことをご了承ください。

コメントを書く

トラックバック URL