ぼやき

0

Mac mini (early 2009 : MB463J/A) を SSD 化したくてうずうずしていたところ、最近 SSD が手頃な値段になってきたので、ついに SSD に換装することにしました。PowerBook G4 を SSD 化したときのあの起動の速度が忘れられなかったのです。

はじめは SSD 換装だけを考えていたのですが、光学ドライブを取り払ってそこに HDD を増設するためのマウンタが売っているという情報を入手したので、SSD + HDD という構成にしようと思いました。今までシステムを内蔵 HDD、データを外付け HDD に入れていたので、外付けのデータが Mac mini 本体に入ってしまうのはかなり快適になるのではないかと。光学ドライブは年に数回使う程度だし、外付けの DVD ドライブもあるので取り外してしまっても問題ないはず。(SSD のファームウェアのアップデートには内蔵の光学ドライブが必要になることもあるようです。)

そして現在使用している Lacie の外付け HDD の調子もいまいちよくない。現在使っているものは LaCie d2 Hard Drive Extreme with Triple Interface 400GB でこのブログを遡ると2006年に購入している。調子がよくない原因をいろいろと調べていると電源アダプタの不良らしいんだけれど、日本だと電源アダプタを手に入れるのが大変だし、それに値段が高いみたい。アメリカなら Amazon に普通に売ってるんだけれど、日本には配送不可なのです。ということで外付け HDD に見切りをつけ、回転速度の速い HDD を増設することにしたのです。

パーツ購入

この改造に際して購入したのは下記の4点。しめて2万4千円弱。

20120919_1.jpg

20120919_2.jpg

Intel SSD 330 Series 240GB SSDSC2CT240A3K5
SSD は手頃な Intel のものをチョイス。容量はシステムだけ入れる予定なので 120 GB で十分だったけれど、Mountain Lion をインストールしてみようかと思って倍の 240 GB のにしてみました。Mac での換装実績があまりなさそうなのが不安ではある。

20120919_3.jpg

日立 HGST Travelstar パッケージ版 2.5inch 750GB 16MB 7200rpm SATA3.0Gb/s 0S03337
HDD は回転数が 7200rpm のものをチョイス。500 GB とそんなに値段がかわらなかったので 750 GB のを購入することにした。Lecie の外付けが 400 GB で容量でパンパンなのでちょうどいいかと。

20120919_4.jpg

Logitec USB 2.0ポータブルハードディスクケース LHR-PBGU2
現在の内蔵 HDD からデータを移すのに USB 2.0 の外付け HDD ケースを購入。2.5 インチの SATA 接続の HDD ケースの手持ちがひとつもなかったから。Time Machine から復元してもよかったのだけれど、NAS にバックアップをとっていると復元がとても遅いときいたので、USB から復元したほうがいいかなと思ったのです。その後も内蔵してあった HDD を入れてネットワーク経由では重すぎるデータの移動に使おうかな、と思っています。

以上3つは Amazon で購入。

20120919_5.jpg

2nd HDD SSD hard drive caddy for Mac mini A1283 A1347
光学ドライブに 2.5 インチの HDD や SSD を載せるためのマウンタは ebay で購入しました。MCE の OptiBay Drive Kit が有名だけれどすごく値段が高い。それと MacBook Pro 用のものは Mac mini にのせると少し厚くて蓋がしまらないらしい。Amazon でも光学ドライブに2.5インチのドライブを載せるためのマウンタは売っているけれど、サイズが合わなくて改造したというレビューやブログなどが見受けられたので、Mac mini 用を謳っているものを購入しました。購入時のレートで1800円弱。中国から国際書留で1週間ほどで到着しました。

パーツが揃ったところで取り付けは次回へ。
SDD換装 〜Mac mini Early 2009をSSD+HDD化する その2

関連記事

コメントを書く


*

トラックバック URL