ぼやき

0

HVT-BCT300 から ML115 で録画した TS ファイルを見るのに PS3 Media Server を使っていましたが、このたび BEER Media Server へ乗り換えました。DLNA サーバーを使っていたのは、HVT-BCT300 はビットレートが高いファイルはファイル共有では見ることができないからです。

PS3 Media Server から乗り換えようと思った動機は HVT-BCT300 から視聴するのが面倒だから。HVT-BCT300 からのアクセスでは PS3 Media Server のメディアライブラリが自動更新されなくて、新しく追加したファイルがグレーアウトされてしまって視聴できないのです。HVT-BCT300 でも選択できるようにするには下記の手順を踏む必要がありました。

  1. メディアライブラリを初期化
  2. メディアライブラリをサイススキャン(虫眼鏡のアイコン)
  3. PS3 Media Server の再起動

新しいファイルが追加されるたびにこれを繰り返す必要があり本当に面倒! なので HVT-BCT300 でも追加ファイルを自動で認識してくれる DLNA サーバーを探すことにしました。

まず試してみたのが Plex Media Server。最近また DLNA にも対応したみたい。インストールしてみたけれど、ライブラリで管理するみたいでわたしの好みでなかった。PS3 Media Server のよかった点はサーバー側でフォルダ管理していれば、DLNA サーバーにもそのフォルダで表示されたところ。ということで Plex Media Server はボツ。

次に PS3 Media Server の派生である BEER Media Server を使ってみました。bms.ini に配信するフォルダを設定するだけで HVT-BCT300 で見られました。しかもファイルを追加後も何もしなくても HVT-BCT300 側で認識される! HVT-BCT300 は拡張子が .ts のものを受付ませんが、わたしは .m2ts に変更しているので何も設定しなくても見れてしまったのです。動作も軽いし便利すぎて感動。

設定をいじれば .ts のまま HVT-BCT300 でも見られそうだけれど、今のところ不便はないからいいや。暇とやる気ができたら、設定をいじって .ts のまま HVT-BCT300 でも見られるようにしてみたいと思います。

関連記事