ぼやき

0

うちのテレビはアナログチューナーしかない液晶テレビなので、 I-O DATA の HVT-BCT300 という地上・ BS ・ 110 度 CS デジタルハイビジョンチューナーをつけて使ってます。このチューナーは外付け HDD を取り付けると録画もでき、 DLNA やファイル共有で NAS やパソコン内のファイルも再生できるメディアプレイヤーの機能もあり大変重宝しています。

HVT-BCT300

「 HVT-BCT300 の使用感( 2 ヶ月使ってみて) 」を書いたときから 1 年以上たちファームウェアもバーションも Ver.4.9.4 に上がって( HVT-BCT300L と同機能)、だいぶ安定性も上がり機能も追加されたので気になったことを記事にしてみます。

iPhone アプリ BCTRemote が便利すぎる

まずいっておきたいことは BCTRemote という iPhone アプリが便利すぎるということです。ファームウェア Ver.4.9.2 で HVT-BCT300S 同等の機能が提供されてから使えるようになりました。 HVT-BCT300 のテレビ視聴、録画予約、再生といった機能を iPhone から使えます。

*注意*
BCTRemote 使用するには iPhone と HVT-BCT300 が同一ネットワーク上にある必要があります。 FON で使用する場合はブリッジ接続することで同一ネットワークにできます。
→ Apple TV で Remote を使うための fon ブリッジ接続設定

BCTRemote 再生画面

BCTRemote 再生画面

番組名をタップすると直接再生でき、番組詳細画面がリモコンのような働きをしてくれます。ネットワーク経由なので少し反応が遅いのが残念ですが。

番組横の青い矢印ボタンをタップすると、再生されることなく番組詳細が見られるので、番組の内容で探すときに便利。

番組名を左にフリックすると録画番組を削除することができます。テレビ側には何の表示も無いので本当に削除されているか不安ですが、削除されています。しかし調子に乗って続けていくつもの番組を削除すると固まってしまいます。

BCTRemote 番組表画面

BCTRemote 番組表画面

外部サイトを設定から登録することで使えるようになります。 iEPG に対応しているサイトからは予約もできます。現在国内で iEPG を配信しているサイトはテレビ王国のみとなってしまいましたので、テレビ王国を選択しています。

BCTRemote の設定画面から選択した場合、テレビ王国の番組表は iPhone に最適化されていないのではっきりいって見にくいです。(ユーザー設定からスマートフォン用のページを設定すれば見やすくなりますが、テレビ王国のすべて機能は使えません。)

BCTRemote 番組表画面 おまかせ ! 番組サーチ

しかしテレビ王国にメンバーになりメンバーサービスから「おまかせ ! 番組サーチ」を利用すると、条件にあった番組をピックアップしてくれるので iEPG のボタンをタップするだけで番組予約ができてしまうのです。この「おまかせ ! 番組サーチ」の URL を BCTRemote の「設定」→「番組表」→「ユーザー設定」に設定してやるとすごく便利になります。

BCTRemote 予約一覧画面

BCTRemote 予約一覧画面

HVT-BCT300 に予約されている番組をすべて確認できます。 HVT-BCT300 本体で連ドラ予約したものも単発予約と同様にリストとなって表示されているので、予約確認にすごく便利です。タイトルをタップすると番組詳細が表示されるので、リピート放送がある番組はかぶっているものを内容を確認して削除するのに役立ってます。

BCTRemote 選局画面

BCTRemote 選局画面

HVT-BCT300 で受信できるチャンネルがすべてリスト表示されているので、スクロールして地デジも BS もすぐに選局できます。リモコンのテレビボタンを押して切り替える必要がないのがらくちんです。しかし現在放送されている番組は表示されないのが残念です。その点では本体リモコンのホームボタンを押して現在放送している番組一覧を表示するほうが優っています。

BCTRemote リモコン画面

BCTRemote リモコン画面

リモコンと同じ操作が iPhone からできる画面。これはちょっと使いにくいです。なぜならスクロールしないと目的のボタンに辿りつけないから。リモコンの配置に引きずられることなく iPhone の画面に収まるようにレイアウトしてくれたらもうちょっと使い道があったかもしれません。使うとしたら同一ネットワーク上から電源をオンにするのに使うくらいです。

ちょっと使いにくいところ

ファームウェアを HVT-BCT300L 相当の Ver.4.9.4 に最近アップデートしてチャンネル切り替えは早くなりました。 Ver.4.8.3 のころは週一で工場出荷時状態に戻して設定し直して使っていましたが、そこまでする必要はなくなったのがうれしいです。(コンセントを抜くより、工場出荷時状態に初期化したほうが軽くなる感じ。)

けれど HVT-BCT300 ファームウェア変更履歴 に「 MP4 動画再生時の安定性を向上」とあるけれど、録画中にファイル共有にて 720p の MP4 ファイルを見てたら録画が途中で失敗しました。録画中に同時にするのは HVT-BCT300 で録画した番組を見る程度にしておいた方が賢明です。 DLNA 経由で再生したらどうなるかはまだ試していないので、どれくらい負荷がかかるのかわかりません。ファイル共有で MP4 を観るという組み合わせが一番負荷がかかる感じがします。うちの NAS は DLNA にも対応しているので、そっちから配信すればもう少し軽くなるんだろうけれど、 NAS のサーバーが MP4 の配信に対応していないからファイル共有で見るしかないのです。

あと( Ver.4.9.2 のときですが)録画中に BCTRemote にて操作を行うと高確率で固まります。バックグラウンドで BCTRemote が動いている iPhone を起ち上げてもダメみたいです。なので、 BCTRemote はとても便利ですが、 BCTRemote はこまめに iPhone のバックグラウンドから消しています。

HVT-BCT300 の DLNA サーバー機能は HDD のフォーマットを変えないといけないみたいなので使っていません。(ファームウェアの Ver.4.8.3 の環境下で録画したものが見られなくなるから。) HVT-BCT300 は HVT-BCT300S、 HVT-BCT300L とバージョンアップを重ねていますが、やはりもう少し安定してくれたらうれしいですね。リビングの大きなテレビで NAS にあるファイルとかパソコンで録画したものが見られるのはとても便利なのでこれからも当分この機種を使うと思います。家電メーカーではできないいろいろなファイル形式の再生をサポートしているのはやはりアドバンテージがあります。

BCTRemote App
カテゴリ : ユーティリティ
価格 : 無料

関連記事