ぼやき

0

年が変わったのでもう一昨年のことになるのだけれど、MAMP Pro をプロモーションで購入した。しかしインストールする暇がなく(←する気がないの間違え)、1年半が経過してしまった。やっと重い腰を上げて、本日 MAMP Pro と WordPress をインストールしようと思って公式サイトにダウンロードしにいったら、なんと MAMP PRO 2 がリリースされていた。MAMP PRO 1.x のユーザーは有料アップデートらしい。がーん。まだ1回も使っていないのに。

そんなんだから MAMP 2 をインストールしようかと思ったけれど、ちょっと不安定なところもまだあるようなので、MAMP 1.9.6.1 (無料の方)をインストールしてみることにした。

ちなみに無料版との Pro 版との違いは、ドキュメントルートを複数設定できることらしい。でも httpd.conf をいじれば、Pro にしなくても複数サイトの管理ができるみたい。(なんでわたし Pro 版を購入したんだろうなぁ。)

MAMP のインストール

公式から MAMP & MAMP PRO 1.9.6.1 をダウンロード。1.9 にはPHP 5.3 の iconv のバグがあるらしく、1.8.4 を勧めているサイトが多い。とりあえず、1.9.6.1 を使って問題があったら 1.8.4 にバージョンダウンしよう。このダウンロードが実は一番時間がかかった。

ダウンロードした ZIP ファイルを解凍して、イメージディスクをダブルクリック。許諾画面が出てくるので「Agree」をクリック。

MAMP 許諾画面

今回は試しに PRO 版ではない方をインストールするので、MAMP フォルダを Application フォルダにドラッグアンドドロップ。

MAMP インストール

インストールが終わりアプリケーションフォルダから MAMP を起動すると次のページが現れて「ブラウザで MAMP へようこそ」というページが開く。

MAMP 画面

MAMP設定画面

これで MAMP のインストールは成功。

MySQL のデータベースを作成する

WordPress をインストールするために、MySQL にデータベースを作成する。

「phpMyAdmin」タブをクリックして「新規データベース」に適当な名前(例:wp01)を入力。あとはデフォルト設定で「作成」をクリック。

phpMyAdmin設定画面

この画面が表示されれば成功。

DB作成終了

WordPress のインストール

WordPress 公式サイトからインストールしたい WordPress のバージョンをダウンロード。ダウンロードファイルを解凍した「wordpress」フォルダを「アプリケーションフォルダ」>「htdocs」の中に置く。フォルダの名前はわかりやすいように変更してOK。複数設置する場合は適当な名前のフォルダを「htdocs」に作ってその中に入れる。

MAMPへWordPressコアファイルをコピー

ブラウザで「http://localhost:8888/wordpress/」にアクセス。URL の最後の「/」は忘れずに。「wp-config.php ファイルが存在しないようです。スタートするにはこのファイルが必要です。」とエラーメッセージが出るので、「設定ファイルを作成する」をクリックして「wp-config.php」を作成する。

wp-config.phpを作成

データベースの詳細を入力し「作成する」をクリック。

  • データベース名:「MySQL のデータベースを作成する」でつけたデータベース名
  • ユーザー名:root
  • パスワード:root
  • データベースのホスト名:localhost
  • テーブル接頭語:そのままでも適当に変えてもよい。

WordPressデータベースの設定

これ以降は WordPress のインストールと同じ。ただ「このサイトが Google や Technorati などの検索エンジンに表示されるのを許可する。」のチェックは外しておく。

WordPressインストール画面

「成功しました!」と表示されれば終了。

WordPressインストール終了

「http://localhost:8888/wordpress/」でトップページにアクセスできるので、ブックマークするなりすればよい。

WordPressのページにアクセス

これでローカル環境で WordPress がいじれる。

関連記事