ぼやき

0

メ〜テレにて 8 月 1 日から毎朝やってる水曜どうでしょうの 2011 年新作の再放送に合わせて、わたしの駄文を書いてく企画。今日は第 2 夜。

第 1 夜の感想はこちら。
原付日本列島制覇 第 1 夜/水曜どうでしょう 2011 年新作


第 2 夜は神奈川の鎌倉あたりから箱根湯本までの行程。そう勝手知ったる小田原あたりを通るのですよ。箱根にも一時期バイトに通ってたし。わくわくしながらの第 2 夜です。

まず、初めに気になったのが昼ご飯はびっくりドンキーでいいのか、っていうところ。大泉さんはハンバーグ好きだからいいのかしら? そして「鶴岡八幡宮」の読み方。藤村 D は「つるおかはちまんぐう」っていってたけれど「つるおかはちまんぐう」と「が」が入るんですよ。鶴岡八幡宮の公式ページの下の方のローマ字表記も「 Tsurugaoka Hachimangou 」だし。ちょっとしたことだけど気になる。

由比ヶ浜あたりで藤村さんが「またガラっと風景が変わりましたよ」っていったあたりで鎌倉の花火を女 3 人で見たなぁ、とか。(誰にもナンパもされなかった。)大雨の日に江ノ島いったなぁ、とか。

134 は茅ヶ崎あたりから風景が変わらなくてつまらないですね。それは眠くなるよ。「文久三年」と「嘉永六年」の元号コール。相模川渡る橋あたりで渋滞。

大磯からは国道 1 号線で東海道の松並木。懐かしい。おいしいパン屋さんがあのあたりにあったっけ。そして工事現場に見切れる小田原城。「ろうきん」のアップに笑った。工事現場の正体は小田原市民会館の耐震補強工事。ちょうど 2010 年に行われていたみたい。まあ、だから工事中じゃなくても建物の影に隠れて見えないんだけど。そして小田原城をカメラに収めようとしてういろう屋さんを撮ってしまううれしー。

小田原から箱根湯本まではスキップされて、宿へ到着。箱根までは 1 本道だから夏休みだし、道がめちゃくちゃ渋滞していたんだと思う。宿は雉子亭 豊栄荘。普通にいいお宿ですね。食後に大泉さんと藤村 D の張り手の応酬で藤村 D が画面に映りまくっているのにまたまた違和感を感じる。横長ハイビジョンになって見きれる程度に撮影するのも難しくなったのかなぁ。初見の時は、腹づつみ以降の「文久三年金八先生」のくだりは余分に感じた。でも何回も見ていると宿のくだりの方がおもしろく感じるのが不思議。

初回に見たときは、どこを通っているのか気になって本編に集中できなかったバカです。

原付日本列島制覇ルートマップ 1 日目/水曜どうでしょう 2011 新作

第 3 夜の感想はこちら。
原付日本列島制覇 第 3 夜/水曜どうでしょう 2011 年新作

関連記事