ぼやき

0

本日、Apple の App Store と Mac App Store を覗いてみると、なんとほしかったソフトが軒並み値下がりしています。どうしたのだろう、と思っていたら、ドル安(円高)の現状に合わせて Apple の社内レートが自体が1ドル=85円に下がったようですね。今日発売と噂されている新 OS の Lion に合わせて、レートを合わせてきたのでしょうか。Mac OS X Lion は 29.99ドル、日本では2600円で販売される予定です。レート換算すると1ドル=86.6956。

今までが1ドル=115円のレートだったので、1ドルにつき約30円の値下げです。今日の為替レートが1ドル=78円半ばをうろうろしているのを考えると、それでも Apple にとっては十分安全圏なんだろけれど……。逆に日本人ターゲットの開発者にとっては大幅な売上減となりそうです。
→是々非々:AppStoreが円高の影響で値下げを敢行!

わたしは今までほしいソフトがあっても、1ドル=115円のレートじゃ高すぎるので、開発元から買えるものはドルかユーロ建てで購入していましたが、Mac App Store の価格がやっとそこそこ現状に見合ったものになりましたね。

以下、例を上げてみます。(カッコ内は Mac App Store US の価格。)

  • iPhoto ¥1,700 → ¥1,300 ($14.99)
  • Aperture ¥9,000 → ¥6,900 ($79.99)
  • myTracks ¥1,800 → ¥1,400 ($15.99)
  • Overflow ¥1,700→ ¥1,300 ($14.99)
  • Pixelmator ¥3,500 → ¥2,600 ($29.99)
  • Coda ¥11,500 → ¥8,500 ($99.99)

当たり前だけど、特に値段の張るソフトでお得感を感じられます。計算してみると約30%の値下げです。

ちなみに一昨日、レジストした myTracks App は、Mac App Store で 1800円だったのが1400円に値下げ。開発元では9.95ユーロで、一昨日 PayPal でレジストしたときのレートは1ユーロ=112.8748円なので、1124円でした。10ユーロで270円の差。こう考えると、まだ高価なソフトはドル建て、もしくはユーロ建てで購入した方がいいのかな。

それから気になるのが新型が発売されると噂の MacPro と MacBook Air の価格。日本円で一体いくらに設定されるのでしょうか?

まあ、その前に Mac App Store を使えるように Mac mini を Snow Leopard にする方が先だけど。

関連記事

コメントを書く

*

トラックバック URL