ぼやき

3

Mac mini (Early 2009 : MB463J/A) のメモリを 8GB に思い切って増設しました。 VMware Fusion で Windows を立ち上げているともっさりしているし、メモリも安くなってきてしかも円高だから。購入したのはシー・エフ・デー販売 Elixir ノート PC 用メモリ DDR3-1066 ( PC3-8500 ) 4GB SO-DIMM × 2 枚組 (計 8GB ) W3N1066Q-4G。 Amazon で 7000 円弱でした。

W3N1066Q-4G

実は同じメーカーでもう少し速い規格のメモリである DDR3-1333 ( PC3-10600 ) SODIMM CL9 4GB 2 枚セット W3N1333Q-4G の方が安いんだけれど、 Mac は下位互換に対応していないようなので、おとなしく同じ規格のものを購入したのです。
→ Amazon W3N1333Q-4G レビュー: MB463J/A,MB466J/A で NG だが PC3-8500 のものと混在させれば OK

DDR3-1066(PC3-8500) 4GB SO-DIMM

Mac mini (Early 2009 : MB463J/A) はメモリ搭載、公称 4GB までです。しかし、 Mac mini EFI ファームウェア・アップデート 1.2 をかけることによって 8GB のメモリでも安定動作するようです。 8GB に増設する前に必ずアップデートしましょう。確認の仕方は、アプリケーション / ユーティリティ /Mac mini EFI ファームウェア・アップデート .app を起動して下記のような表示がでれば OK です。

Mac mini EFI ファームウェア・アップデート 1.2

メモリの増設の仕方は以前 4GB にしたときと一緒なので下記を参照。
→ Mac mini のメモリ増設した (Early 2009 : MB463J/A)

メモリ 8GB 増設

ついでに内蔵電池も交換しました。初めから入っている電池は BR2032 (写真左)という型のものでもう生産されていません。同じ電圧で同じ形の CR2032 (写真右)が代用品のようです。両者の違いは使用温度範囲で、 BR が -30 ~ 80 ℃、 CR が -30 ~ 60 ℃のようです。

内蔵電池

メモリを 8GB に増設して起動したら、 Ethernet 経由でも AirMac 経由でもネットワークにつながらなくなりかなりびっくりしました。何度かバラしてみたものの、結局、内蔵電池を交換したため何かしらの設定がリセットされたらしく、ファイヤーウォールの設定を変更してようやくネットワークにつなげることができました。

メモリ 8GB

そして、 Rember でメモリのチェックをして以上がないことを確認して作業は終了。

◇今日の教訓◇
メモリと内蔵電池を同時に取り替えない方がよい。同時に作業をする場合は、片方づつ動作確認する。

関連記事

コメント (2)

  • 猪木

    当方もマックミニ2009を SSD 化、メモリ8 G に換装するのに参考にさせていただきました。とても参考になりました。ありがとうございます!★ただ、当方は換装後、音がならずにあせりました。故障か!?と思っていろいろなページを参考にすると、最後の結線を忘れてました。。。今はオッケーな状態です\ (^o^) /

  • あさこん

    ◇猪木さん◇
    コメントありがとうございます。

    Mac mini Early 2009 をメモリ 8 G にしたのですね。
    やはりメモリが多いほうがサクサク動きますよね。
    自分で改造して動かないとかなり心臓に悪いですよね。
    結線のし忘れですんでよかったです。

    Mac mini Early 2009 はいろいろな OS に対応してくれてかなり優秀だったのですが、
    時期 OS 、 macOS Sierra の対象機種とはなっておらず残念です。
    あと 1 、 2 年使って買い替えかなぁ、と思っております。

コメントを書く

トラックバック (1)

  • Mac mini をメモリー増設してみた

    <編集中> Mac mini Early 2009 (標準 =2GB) のメモリーを

    MacユーザのWinなお仕事

トラックバック URL