ぼやき

0

Mac も iPhone も NetNewsWire という RSS リーダーを使って Google リーダーと同期しつつ使っていたのですが、不便な点が出てきたので、 Mac は Gruml 、 iPhone は MobileRSS に乗り換えました。

どんな不便が出てきたかというと、 NetNewsWire は生粋の RSS リーダーで Google リーダーは同期の目的くらいにしか考えていないようで、 Google リーダー側での変更を NetNewsWire が反映してくれないのです。 Mac と iPhone をいったりきたりしている身にはちょっときつい。あとは、 NetNewsWire は自分自身で RSS を読みにいったあとに、 Google リーダーを読みにいって未読を同期するようで、すごく動作が重い。

RSS リーダーの乗り換え

それで、 iPhone は 2 番目くらいに評判のよかった MobileRSS に乗り換えました。操作感もサクサクしていて、無料版の広告も気にならない位置であったりかなり満足です。次の記事を読むのに、右にフリックすればいいのがすごく楽。

Mac に関しては、 NetNewsWire できちんとチェックできないサイトがあったので、 PowerBookG4 を使っているときに Gruml に乗り換えたのですが、 Mac mini にはまだインストールしていませんでした。ブラウザで Google リーダーを使えばだいだいの用は済んでしまっていたのです。でもひとつだけ不便なところが…。

それは、矢印キーで次の記事を表示してくれないところ。次の記事のボタンをクリックするのが面倒なんですよね。それで、 Gruml をインストールして、大きな画面のモニタを購入したので、 3 カラムで表示しています。矢印キーだけで記事が読めるのはやはり快適。

Yahoo! Pipes を使って全文表示させる

さて、ここまでサクサクと次の記事が表示されるようになると、全文を読むために RSS リーダーから HTML のページを開くことすら面倒になる。そこで登場するのが Yahoo! Pipes 。プログラムの知識がなくても、パーツを組み合わせる感覚で Feed をカスタマイズできるサービスです。アメリカの Yahoo! が提供しています。

ここ何日かいじっていくつかの全文表示の Pipe をつくりました。まだ、複数ページとかに対応できていないものもあるけど、まあおいおいやっていこう。 Yahoo! Pipes のベージで「全文配信」とかで検索すると、先人が作った Pipe が利用できるので便利です。わたしもいくつか利用させてもらっています。

まるごと RSS という全文表示してくれるサービスもあるのですが、 LDRFullFeed という本文がどこにあるかのデータベースを使っているのでそれに登録されていないと、全文表示できないのです。

RSS リーダーで全部完結してしまったらページピューが少なくなるから、そうできないようにいろいろとサイト側も対策しているようなので、結局イタチごっこになりそうだけれど。

関連記事