ぼやき

0

以前も Google ウェブマスターツールでのタイトルタグの重複について対策を行ったのだけれど、最近また確認したら、 700 件くらいタイトルタグが重複していたので、対策を行いました。

これまで行った対策は下記。
→ Google ウェブマスターツールにて「タイトルタグの重複」がたくさんある
→ WordPress でタイトルタグの重複を回避する

今回重複があったのは携帯表示用プラグインとして導入している Ktai Style のコメントや画像の拡大ページが同じタイトルタグでインデックスされてしまっているみたいです。 URL の最後に「 ?view=co_list&img=link 」「 ?view=co_post 」とかのパラメータがついているのです。 Google アナリティクスが携帯にも対応したからなのでしょうか?

まあ、とりあえずタイトルタグの重複を回避するように試作してみました。

携帯ページをインデックスしてしまっているということは、携帯で表示されるページに「 link rel= ” canonical ”」を入れればいいんじゃないかと邪道な手段に走りました。(本来なら各ページに個別のタイトルを付けるのがベストと思われます。)上にも書いたように使っている携帯用表示プラグインは Ktai Style です。手順は下記の通り。

  1. 「 link rel= ” canonical ”」をヘッドタグに挿入するプラグインをインストールする。
    例: Canonical URL ’ s for WordPress
  2. Ktai Style のテーマの「 header.php 」にヘッドタグ内にいろいろ表示する Ktai Style 独自のタグ「 <?php ks_wp_head(KTAI_DO_PC_HEAD); ?> 」を <head> タグ内に書く。
    これをしないと「 link rel= ” canonical ”」のタグが Ktai Style で表示されたページには現れない。
  3. この状態だと <head> タグにいろいろ追加されすぎるので、 Ktai Style のテーマの「 functions.php 」に下記を記述し、いらないヘッドタグを表示しないようにする。
    remove_action(‘wp_head’, ‘index_rel_link’);
    remove_action(‘wp_head’, ‘parent_post_rel_link’, 10);
    remove_action(‘wp_head’, ‘start_post_rel_link’, 10);
    remove_action(‘wp_head’, ‘adjacent_posts_rel_link’, 10);
    remove_action(‘wp_head’, ‘feed_links_extra’,3,0);
    remove_action(‘wp_head’, ‘add_css’);

これで 1 か月ほど様子をみたところ、タイトルタグの重複が約 700 件から約 500 件に減りました。クロールが進むにつれて次第にタイトルタグの重複は解消されていくのではないかと思っています。

関連記事