ぼやき

6

au から「お客さまの携帯電話について重要なお知らせ」という案内が今朝届きました。

内容は「携帯電話の周波数切替で 2012 年 7 月 22 日を過ぎたら使ってる携帯電話が使えなくなるよ。無料機種も用意したから機種変してね。事務手数料も無料よ。」っていうお知らせ。

シンプル一括で機種変更して MEDIA SKIN を使い続ける

わたしは携帯をほとんど使っていなくて、以前からシンプルプランに変更したいと思っていました。(参照: au シンプルプランに変更できない。)しかしシンプルプランに変更するには買い方セレクトという方法で携帯電話を購入していることが必須条件だったのです。なので仕方なく月 1000 円弱高い基本使用料を払っていたのですが、今回無料で機種変更できるというお知らせが今朝届いたので、同じく au の年季物の携帯を使っているダンナと早速 au ショップへ行ってきました。わたしは MEDIA SKIN (W52K) 、ダンナは W44T II を使用中。

無料で機種変更できるのは案内にある通り、 PT001 と PT002 という機種です。無料で機種変といっても、 3 つ程の有料サイトへ登録することが必須条件で、その分端末代から 5000 円を値引くというものでした。

訪ねた au ショップには PT002 はネイビーブルーの在庫しか残念ながらなかったのですが、通話メインのダンナは PT002 で十分ということで、 PT002 のネイビーブルーに機種変。わたしは、値段と相談して K006 が 10500 円だったのでそちらにすることにしました。 9500 ポイントほどあったので、それを割り当てれば有料サイトへの登録をしなくていいんじゃないか、と思ったのですが、サイトへ登録しない場合は 5000 円をその場で現金で支払わなければならないとのこと。機種変しかポイント使わないのに機種変のお金の足しにできないなんておかしい! と思いつつ、まあ、サイトの登録への登録を承知して、 5000 円分のポイントで K006 のクリアホワイトへの機種変更をしました。

しかし現在使用している MEDIA SKIN (W52K) に何不自由していないので、 IC カード( SIM カード)を差し替えれば、元の MEDIA SKIN を使用できるようにしてもらいました。こういう手続きは正確には「機種変更」ではなく「端末増設」というらしいです。というわけで、 2012 年 7 月 22 日まで、もしくは MEDIA SKIN が壊れるまでは、 MEDIA SKIN を使っていこうと思います。 5000 ポイントで本体を一括購入できてシンプルプランへ移行できて基本使用料安くなったし納得、ということで。

なぜ周波数の切り替え今の携帯電話が使用できなくなるのか

でも、どうして MEDIA SKIN は 2012 年 7 月 22 日で使えなくなるのか調べてみました。

au は 第 2 世代に PDC 方式から cdmaOne 方式への変更を採用したので、第 3 世代 の CDMA2000 方式も同じ CDMA 方式だったのでスムーズに移行できたみたいです。なので、 au の第 3 世代は主に 800MHz 帯を使用しています。(他社は第 2 世代は PDC 方式なので、 第 3 世代は 2GHz 帯を使って新たに整備した。)

この昔から割り当てられていた 800MHz 帯のことを L800MHz (旧 800MHz )といって、この周波数帯の免許が総務省の周波数再編方針により 2012 年 7 月 24 日までに失効するのです。なので、 au は免許が失効する 2 日前の 2012 年 7 月 22 日に L800MHz のサービスを終了しようとしているわけです。

これからの au の携帯電話は総務省の周波数再編方針により 2GHz 、 N800MHz (新 800MHz )を使用することになります。過渡期の今は L800MHz (旧 800MHz )と合わせての 3 つの周波数帯で使用できるようになっているみたいです。なので、今使っている携帯電話の端末が N800MHz (新 800MHz )に対応していないと、 2GHz 帯でしか使えなくなってしまうみたい。( 2GHz の基地局がどれくらいあるかといった資料は見つからなかったです。そもそも 2GHz 帯が使えない端末もあります。) N800MHz が使えるか使えないかの境目は発売日が 2007 年あたりで、それ以前の機種は端末を変更する必要があるということらしいです。
→携帯・ PHS 関連 @Wiki : au 新 800MHz 帯 対応機種一覧

docomo は 800MHz 帯を使用していた mova を切り捨てればよかったからユーザーに対してわかりやすかったけれど、 au の場合、同じ通信方式の WIN なのにどうして使えなくなるのかがわかりにくいですね。第 2 世代の時から第 3 世代を見越して通信方式を導入したのが、総務省の周波数再編によって逆に仇になったというか、はたまた 3G で先を越された誰かの陰謀なのか…。

au の都合で機種変しなくちゃいけないのに、どうしてお金かかるのよ、って思っていたけれど、いろいろ調べてみてテレビのアナログから地デジへの移行と同じような感じなんだな、と思いました。

ちなみに au の各周波数帯での割り当ての詳細は下記。

名称 上り (MHz) 下り (MHz) 帯域幅 (MHz)
L800MHz (旧 800MHz )  898 ~ 901 843 ~ 846 2 × 3 = 6 ←廃止
915 ~ 925 860 ~ 870 2 × 10 = 20 ←廃止
N800MHz (新 800MHz )  815 ~ 830 860 ~ 875 2 × 15 = 30
2GHz 1925 ~ 1940 2115 ~ 2130 2 × 15 = 30

参考リンク
→ au : CDMA 1X サービス終了に関するお知らせ
→ BIGLOBE なんでも相談室: au の周波数が機種によって違う??(お勧めの機種)
→ Wikipedia :第 3 世代移動通信システム
→ Wikipedia :第 2 世代移動通信システム

関連記事

コメント (6)

  • 匿名

    >いろいろ調べてみてテレビのアナログから地デジへの移行と同じような感じなんだ

    アナログから地デジでは少なくとも画質が向上し、ユーザーにメリットがあります。
    au の機種交換ではユーザーに何かメリットがあるのでしょうか?しかもいつものように「無料で機種変といっても、 3 つ程の有料サイトへ登録することが必須条件」という詐欺技付ですよね。

  • あさこん

    ◇匿名さん◇
    コメントありがとうございます。
    そうそう、無料といいつつ有料サイトへの登録が必須とか、詐欺ですよね。
    それが嫌でポイントで支払うっていったら拒否されましたし。

    携帯電話の電波再編は本当にユーザーへのメリットが見えてきませんよね。
    記事にははっきりとは書きませんでしたが、
    3G への移行がうまく行き過ぎたことでド◯モに逆恨みされて
    政治的に潰されてるのかも、って想像しています。

    それから「いろいろ調べてみてテレビのアナログから地デジへの移行と同じような感じなんだ」
    と書いたのは、 au の都合ではなく総務省の都合なのだということがいいたかったのです。

    もちろんアナログから地デジへの移行もメリットばかりじゃありませんよね。
    今までの視聴録画機材が使えなくなるほか、
    田舎で越境受信していた地域でチャンネルが減るとか、
    難聴地域が増えて対策がかかりすぎるとか…。

  • とんぼ

    あさこん さん、初めまして。
    小生もW52Kに満足している1ユーザーです。そして同じようにauから案内が届きました。

    普段は携帯には無頓着ですが、この機会に最近の携帯ってどんな感じ?、自分の趣向に合った機種があるのか?と思い調べてみました。
    なにせデジもの音痴なので、最近のトレンドを把握するのに3日ほど費やしたでしょうか・・・

    結果、特にこれ、といった物は見当たりませんでしたが、ブルートゥースとかが利用できるといいかなということで、auに問い合わせました。
    問い合わせの結果、なんと今回の案内の対象機種は母の使っている「かんたん携帯~A101K」とのことでした。
    母の使う携帯ですから、無料で変更出来る機種は考えられません。現行の「かんたん携帯」としてPT001というのがあるそうで、調べてみると外観はほとんど同じでしたが変更するには2万円必要とのことです。

    ざけんな!と思い、かんたん携帯にもシムカードがあるのか?白ロムって存在するのか?と、検索中にここへ漂流して来た次第です。
    たかが携帯の為に時間を取られ、ブルーな気分になっているところで、「端末増設」という技を知り、おおぉぉぉっ!なるほど!っとちょっと元気が出ました。感謝です。

    ただ、あさこんさん のW52Kが今回の周波数切替に影響されるのに対して、小生の固体は影響を受けない(?)、ということは新たな疑問ですが・・・
    ちなみに、小生は東京在住で端末はメデアスキンの限定色ブルーです。

    ちょっと元気を頂いた(小生の勝手ですが)お礼にコメントしてみました。

  • あさこん

    ◇とんぼさん◇
    「ざけんな!」ってなる気持ちわかります。かくいう私もそんな気持ちでした。

    シンプル一括で無料で機種変できるのものに一度して、
    (こうすることでシンプルプランの料金体系にできるので月額使用料が安くなります。)
    白ロムを手に入れて端末増設するのがいいかもしれませんね。
    ただし持ち込みで端末増設すると、確か事務手数料が 2000 円くらい
    かかるはずです。
    SIM の入れ替えだけでなく事務手数料を取られるあたりもイラッとします(笑)

    限定のブルー、いいですね。 MEDIA SKIN は何気にしっかり作ってありますよね。
    液晶は有機 EL だし、液晶カバーは強化ガラスでしたっけ?
    デザインと使いやすさで MEDIA SKIN を上回らなかったら、
    高いお金を出して機種変したくないですよね。

  • てつや

    W24 から周波数廃止で pt002 に変えた 1 人ですが ポイントが多いおかげで サイト加入以外無料で pt002 に変ました しかし 0012 年製造元破産で 原因がそのせいか メール設定変更不可 電話設定変更不可 カスタマーセンターネット連絡不可能 と最悪です。暗証番号もなぜか受付け不能 もう サービス端末は嫌です!

  • あさこん

    ◇てつやさん◇
    コメントありがとうございます。
    PT002 は壊れやすいのですね。
    ダンナが PT002 ですが、表側のお知らせ液晶が点灯しなくなり、
    充電のフタもしまらなくなりました。
    製造元が破産したとは初めて聞きました。
    メールなどの変更できないのは不便ですね。

コメントを書く

トラックバック URL