ぼやき

3

平成22年(2010年)分の2011年に確定申告を行う分に関しては Mac Snow Leopard (MacOSX 10.6) から e-tax できるようです。平成22年分確定申告特集のページに書いてありました!

2010年分 e-tax 対応 OS

さすがに今年(2011年)はネットで通信を証明するための通行手形みたいなものである「ルート証明書」を Snow Leopard に対応させたようですね。その代わり MacOS 10.4 Tiger が対象から外れていますので古い Mac を使っている方は注意!(Windows も XP 以降に限られていますし、OS のサポート期限が e-Tax の対応する期限の目安と見ていいかもしれません。)

なので、Mac を使っている方ならば、用意する IC カードリーダーはドライバが対応している NTT-ME の3種類のみに絞られてくるでしょう。

わたしは接触型の NTT-ME SCR3310-NTTCom を去年用意しました。同じ IC カードなら、非接触の Suica や Edy などのチャージもできたらいいんじゃない? と思ったのですが、NTT コミュニケーションズの非接触型を購入しても、ドライバは対応しているけれど、アプリケーションが対応していないので、Mac からはチャージできないようです。その他の非接触型 IC カードを使うご予定のある方は、接触型・非接触型両用の SCR331CL-NTTCom を用意しておくとよいかもしれません。SCR3310-NTTCom と現在の価格で数百円しか変わりませんしね。

ちなみに SCR3310-NTTCom が値崩れしない理由は、Amazon の SCR3310-NTTCom のページの「よく一緒に購入されている商品」を見るとわかりますが、あるチューナーと同時使用で安定動作するからみたいです。

関連記事