ぼやき

0

20100810_1.jpg

群馬は高崎の少林山達磨寺にいってだるまさんを購入してきました。

そうこのだるまは水曜どうでしょうの原付東日本ラリーで購入しただるまで、だるま屋ウィリーのあのだるまです。高崎だるまはネットでいっぱい売っているんですが、どうも顔が微妙に違う。眉とか髭とか目の周りの色とか。いろいろな通販を探してみたのですが、結局通販で購入できる店は見つけられず、原付東日本で高崎だるまを購入した少林山達磨寺に、実家に帰ってきているついでに買いに行ってきました。

初めは実家から青春18きっぷで八王子経由で八高線に乗って高崎を目指そうと思ったのですが、なんと小田原から湘南新宿ラインが直通で高崎まで通っている。そう乗り換え1回で高崎まで行っちゃえるんですよ。すごい。

基本寝坊なので、10時4分発の高崎行きに乗って、13時ちょうどに高崎駅到着。市内巡回バスぐるりんで少林山入口で下りれば到着だったのですが、なんと調べた時刻表が古かったようで、13時20分発のバスはなく20分待ち。バス案内所のお姉さんに聞いてみるも、ぐるりんしかないといわれる。でも確か少林山達磨時の公式サイトに群馬バスの安中車庫行きに乗って八幡大門前にて下車して徒歩もOKなようなので、それらしきバスに乗ってみた。心配なので iPhone の Google Maps を開いて現在位置を確認しながら。

途中から明らかに道をそれてゆくバス。でもバスだから遠回りするのかも、なんて流暢に構えていたけれど、どうも乗っているバスの行き先が違うよう。やばい、と思ってい次のバス停でおりました。高崎駅から370円。

どうしたものかと思いつつバスが来た道を戻ってみた。GoogleMaps は現在位置はわかるんだけれど、なぜかスケールが入っていないので、目的地までどれくらいなのかわからないんですよね。(使い方がわかってないだけかもしれませんが。)それで、交差点にあったコンビニに入って飲み物を買いつつ、達磨寺まで歩いてどれくらいかかるか聞いてみました。そうすると、歩きだと45分くらいかね、といわれる。さすがに真夏の午後の一番暑い時間に45分炎天下を歩く気にはなれず、コンビニの公衆電話のタウンページを開いてタクシーを呼びました。なんたる出費。

そして少林山達磨時到着。山門からかなり長い階段を登って来るようなんですが、タクシーで来てしまったため本堂下まで来てしまった。ちょっと残念。それからいろいろ見て回って、達磨堂なる場所で大分は竹田の姫だるまさんも見ることができました。

20100810_2.jpg

さて問題のだるま購入。大きさで迷いました。どうも水曜どうでしょうの竹田の姫だるまは8号(33cm)のものらしいのです。それに釣り合う高崎のだるま。8号(32cm)と7号(30cm)と迷って、iPhone にて必死にだるま一家の写真を探した。
[カブの旅] だるま一家

結局最後は末広がりの8号を購入することにしました。だるまのお顔の横の文字は「交通安全」「家内安全」と書いてあるものに変えてもらいました。お顔立ちも気に入ったので購入。しかし、透明なビニール袋に入ったまま渡されたのでこのまままた湘南新宿ラインに乗って帰るのか、と思いつつ受け取り。

20100810_3.jpg

帰り、長い石段を下りていると、地元のおじさんに話しかけられる。なぜ今頃だるまを買うのか、どこから来たのか等々。高崎の人は毎年だるまを買い換えるようで、なんでも1月6日から7日にかけて境内で売り出すよう。地元の人は馴染みのだるま屋さんで購入するとか。だから真夏に大きなだるまを持っているおなごを不審がったのでしょう。階段の段数とかいろいろお話をしていただいて、帰りのバスまで調べてもらってしまって、達磨寺を跡にしました。

達磨寺はかなり立派なお寺です。お庭もよかった。あとは嫁が来るのみですな。

「原付西日本制覇」の DVD を観て思ったのですが、たぶん達磨寺のだるまはわたしが購入した8号より一回り小さい7号だと思われます。

関連記事