ぼやき

2

今回も、いろいろあっておもしろいレースになりましたね。

ベッテルがいきなり 1 周目でパンクするし(マッサも)、アロンソは無理矢理クビサをオーバーテイクしたとき、シケインをショートカットしちゃって、ドライブスルーペナルティー。しかも、早くペナルティーを消化しなかったから、路面がバンピーだったkら、デ・ラ・ロサのリアウィングのパーツに負荷がかかり破損して飛び散ってセーフティーカー入っちゃったものだから、一気にポイント圏外へ。アロンソ、またスチュワートにレースが操作されたって怒るのかなぁ。アロンソ完全に焦っちゃってますね。

それにしても、可夢偉いい走りをいていた! 自己最高位タイの 6 位入賞! 前を走っていて可夢偉よりあとにピットに入ったバトンが 4 位で、可夢偉が 6 位だったのは、バリチェロと同じタイミングでピットストップしたからなんだろうなぁ。シューマッハは抜けたけれど、コースに残ってプッシュし続けたバトンには追いつけなかった。それにしても、バリチェロ、何気にがんばってるなぁ。さすが鉄人。

最後の最後はイギリス GP なのに、ドイツ人ドライバー争いでしたね。一番激しかったのは、スーティルとベッテルの争い。 1 周目のパンクで最後尾に回ったベッテルだけれど、セーフティーカーも入ったこともあり、 17 人抜いて 8 位まで順位を上げていた。そして、スティルとの争い。その前のシューマッハはさっと抜いちゃったけれど、ストレートスピードが速いフォース・インディアのマシーンには手こずる。 11 周かけてやっと抜いたけれど、スーティルがナイスディフェンスしてくれたおかげで、ベッテルと可夢偉の間は 3 秒以上離れていて、そのままチェッカーとなる。

それにしてもヒスパニックで走った山本左近は国際映像にはまったく映りませんでしたね。そういうことを考えると、なんだかんだいって、国際映像に映っている可夢偉はやっぱりおもしろいレースをしているんだなぁ、って思いました。

まあ、まとめると、シルバーストーンの路面がバンピーだったから、パンクが多くておもしろいレースになったってことでいいですか?

関連記事

コメント (2)

  • たまりか

    可夢偉すごかったですね~。久々興奮しました!同じくいっぱい映ってることにも…。
    CS 見てた旦那が言ってたんですが、アロンソはいまクルーと上手く行ってないみたいで、ペナルティのあと無線で「もう無線で話しかけないで」的なことを言ったら「分かったよアロンソ」と答えたらしく ( アロンソ的にはこの返事も要らないらしい@川井ちゃん ) わざと神経を逆なでするような感じらしいです。
    勝ちから遠ざかって段々難しい人になっているのですかね。

  • あさこん

    ◇たまりかさん◇
    すごかったですよね! ザウバーのマシーンで 6 位とかすごすぎ!
    これでチームの士気が上がって開発もうまく回るといいですね。
    いい車作れば、ポイント取ってくれるヤツがいるぞ、って。

    アロンソはチームとうまくいってないんですね。
    っていうか、去年の大幅なレギュレーション変更以来、
    フェラーリのマシーン自体がよくないですよね。
    ライコネンが優勝した年がある意味ピークだった。
    今はこれまでの開発の貯金を使い尽くしたように思えます。
    レギュレーションが変わって、テストも制限されての中で、
    どのように開発していくのか、という手法すら確立されてない感じ。

    アロンソはやはりハミルトンとうまくいかなかったからといって、
    いい車を作っていたマクラーレンから離れるべきではなかったのかもしれませんね。

    フェラーリの会長はマシーンがよくないのに、ポイント取れっていう方が無茶ですよ。
    アロンソ、そういうフラストレーションが溜まっているのかも。
    はっきりいって、現状はメルセデス以下フォースインディア以上って感じでしょうか?
    調子を上げてきたルノー、ウィリアムズにも微妙に負けてますよね。

    自分たちの立ち位置をもう一度認識し直して、
    そこからやり直す必要があるんじゃないかと思います。
    早いドライバー乗せたからって速く走れるわけじゃない。
    ある意味、休養したライコネンは正解だったのかも。
    そして、メルセデスじゃなくてマクラーレンを選んだバトンも。

コメントを書く

トラックバック URL