ぼやき

1

結婚して 1 年以上経ってしまいましたが、記念樹を本日、植樹しました。

結婚式も指輪の交換も写真さえ撮らなかった我が夫婦ですが、記念樹を植えようと約束したのです。婚姻届を出しに行ったその足で図書館へ行き、図鑑や記念樹の本を見ながら、「花柚(はなゆ・ハナユズ)」というゆずの仲間を植えることに決めたのです。その意味も『幸運をもたらす縁起木。庭に植えると「代々(橙)家が栄える」と言われる、縁起の良い柑橘果樹』とのことで、結婚記念に植えるにはぴったりだ、と思ったのです。

しかし、苗を買う機会を逃してのびのびに。先週末の町のお祭りの出店で、やっとハナユズの苗を見つけて購入してきました。大きめで今年から実がつく 3 才の苗と、小さい 2 才の苗がありましたが、ここは記念樹の意味を考えて 2 才の苗を買ってきました。結婚 2 年目なので。(ダンナは今年から実がなる 3 才の苗を欲しがりましたが…。)

そして、重要なのは植える位置。風水的に家の中心から西に「黄色い実がなる木」があると金運が高まるのです。(記念樹を花柚に決めた理由のひとつには黄色い実がなるからです。)そして本日植える位置を検討。方位磁石で方位を測ってみると、あさこんが思っていたより北の位置が東にずれていたのです! (方位を Google Maps で求めたので、あさこんが思っていた「北」は「真北」だったのです。)磁北と真北があるのは知っていましたが、こんなにも角度が違うのは知りませんでした。

植えようと思ってた位置は南か南西でした。南西に黄色い実の木があると家庭運がアップするというのですが、今は家庭運より金運! ということで、母屋から見ても西、自分たちが住んでいる家から見ても西、そして全敷地から見ても西、という位置に「花柚」を植えることにしました。手伝ってくれた義父はなぜそんなに方位にこだわるのか不思議がっていましたが。しかし、その場所はなんと、耕作放棄地で一面雑草に覆われていたのです! とりあえず、 1m3 くらいの雑草を除去しドクダミの地下茎を除去して耕したのです。まさしく開墾!

そして、苗を置いて土を被せたころには、もうあたりは真っ暗でした。(なので、写真は後日。)しかし mixi アプリのサンシャイン牧場で開墾してるけど、実際に開墾するのはすごく大変でした。

関連記事