ぼやき

0

3 年前に東京 MXTV の「水曜どうでしょう Classic 」を録画するために相方宅に置くべく、オークションで購入した HDD レコーダー RD-XS31 。現在は、 tvk で放送の「水曜どうでしょう Classic 」を実家で細々と録画し続けてくれております。今回、帰省した目的の 1 つに HDD レコ内の「水曜どうでしょう Classic 」の回収もありました。

しかし、しかし、いざ DVD-RAM に焼こうとディスクを挿入すると「ディスクが認識できません。汚れを確認するか、クイックメニューからディスク初期化を実行してください。」といわれる。

20100312_1.jpg

そして初期化をしてみると、「このディスクは初期化できませんでした。ご利用になれません。」というアラートが出る。

20100312_2.jpg

新品のディスクを入れてもいわれるから、ドライブが原因だろうと。一応、レンズクリーニングをしてみたものの、よくなる気配はない。

ネットで情報を漁っていると、 RD-XS31 のドライブは悪名高き東芝製 SD-W3002 だった。(このドライブは故障率が異様に高くて、リコールものだと思うのだけれど。)故障の状況を調べてみると、最初にダメになるのが DVD-RAM の読み込みだそうだ。これは、悪あがきをするよりも、とっととドライブを交換した方がいい。しかし、 RD-XS31 はドライブの相性がシビアらしく、交換して全ての機能が使えるドライブは少ない。(所有者が多くないから情報が少ないだけかもしれないが。)
→ DVD 換装 Wiki :換装実績

そこでいろいろ探して見つけたのが、松下製のドライブ LF-D311F 。 DVD-RAM しか使えなくなるみたいだけれど、とりあえず HDD からどうでしょうさんを救出できればいいので、ちょうどオークションでその日に落札できるものがあったので購入してみた。
→価格 .com RD-XS31 : DVD ドライブ換装結果

20100312_3.jpg

DVD ドライブの換装は以前 RD-XS37 を行っており、構造は大体同じなので、大した時間はかからなかった。
→ RD-XS37 の DVD ドライブ換装完了

大ざっぱな手順は下記。

  1. 側面左右 2 つずつ、背面 3 つのネジを外し、カバーを開ける。
    20100312_4.jpg
  2. 底面のネジを 2 つ外し、側面のツメをマイナスドライバーで持ち上げ、フロント部分を離す。ケーブルが繋がっているので完全には切り離せないので注意)
    20100312_5.jpg
  3. 透明アクリルについているネジを外す(確か 3 つ)
  4. DVD ドライブが乗っている台を本体から外す。ネジ 4 つ。アースのネジ 1 つ。
  5. DVD ドライブに繋がっているコネクタ類(電源ケーブル、データケーブル)を外す
    20100312_6.jpg
  6. 土台から DVD ドライブを外す。ネジ 4 つ。
  7. 乗せ換える LF-D311F のフロントベゼルを外す
    20100312_7.jpg
  8. LF-D311F 全面上部に厚さ 5mm くらいのクッション剤を両面テープで接着(もとのドライブがそうなっていたので。)
    20100312_8.jpg
  9. 逆の手順で組み立てる
    20100312_9.jpg

注意した方がいいのは、フロントパネルをずらすときに、通信系のリボンケーブルが外れやすい。これがうまくはまってなくて、ディスプレイ表示がつかなくてびっくりしたけど。

20100312_10.jpg

DVD-RAM の読み書きに関しては問題なし。他のメディアは検証していないので、わかりません。(写真撮ったけれど、 SD カードリーダーが手元にないので、文字だけでお送りしました。後日写真を付け加えるかも。)

関連記事