ぼやき

2

20091016.jpgついに手を出してしまいました。水曜どうでしょうヨーロッパリベンジの小ネタ(ミニドラマ)である「フィヨルドの恋人」内で使われている曲の入っている CD に。どうもヨーロッパリベンジには弱く、ヨーロッパリベンジ内で紹介されている CD は 2 つ( SVEN INGVARS (セブンイングバーズ)『Ä lskar Du Mig 』と A ☆ TEENS の『 THE ABBA GENERATION』)とも手に入れたのですが(詳細はストックホルムからの郵便物 〜ついに入手! ヨーロッパリベンジのあの曲たち〜を参照)、今回はついに SE に手を出してしまいましたよ。

フィヨルドの恋人のオープニングなどで使われている曲は『プロスペローの本』という映画のサウンドトラックみたいです。もちろんサウンドトラックの CD も出ています。こちらを見ていただければわかると思いますが、すでにフィヨルドの恋人効果かプレミアがついて定価越えしています。そんなの高くて買えるか!

そこで調べてみたんです。『プロスペローの本』というのは洋画なので、海外版のサウンドトラックが出回っているのではないかと。どうやら『プロスペローの本』の原題は『 Prospero’s Books 』というようです。ここまでくれば、もうわかりますね。そう『 Prospero’s Books 』のサウンドトラックが見つかります。新品でも日本版を買うより安いです。中身は代わらないのだから、こちらを買う方が賢いでしょう。

一応、個人輸入も考えて、 Amazon.com や Amazon.co.uk も探してみましたが、どちらのサイトでも廃盤になっているようで、マーケットプレイスからしか買えませんでした。送料を考えるとトントンくらいだったので、普通に Amazon.co.jp のマーケットプレイスで購入しました。

ちなみに『 Prospero’s Books』のサウンドトラックには発売元が 4 つほどあるようです。それによってジャケットも違うみたい。日本版は「ポリドール」から出ているようです。こちらはジャケット写真がなく確認できませんでしたが、帯付きで発売されたようです。もうひとつは海外版で「 ARGO 」から出たもの(今回の購入品)、あとは「 LONDON 」と「 DECCA 」でジャケットが若干異なるようです。ちなみにジャケットはこちらのようです。

CD をパソコンで聴きながら書いているんですが、フィヨルドの恋人のオープニングは 4 曲目の「 Prospero’s Magic 」みたいです。他にも、使われている曲がいくつか収録されています。曲の途中から使われていたりとかしていて、一通り聴かないと気がつかないのもあるようです。

「フィヨルドの恋人」内で使用されている曲名などは下記にまとめてあります。
水曜どうでしょう DVD 「ヨーロッパリベンジ」見た

関連記事

コメント (2)

  • たまりか

    懐かしい…「プロスペローの本」。
    ハイビジョンの密な映像とともに字幕が横にも下にも出て、
    目まぐるしくって気が狂いそうでした。内容?覚えてませんw
    水曜どうでしょうって、昔深夜やってるのたまにみてました。
    今調べたらこちらでうちで見られるのは CS かな~。
    アンテナのくだりとか、あさこんさんの情熱がすごい。
    感動した~。

  • あさこん

    ◇たまりかさん◇
    こんにちは。コメントありがとうございます。

    「プロスペローの本」の映画をご覧になったのですね。
    内容を覚えきれないような目まぐるしさで気が狂いそう、とは
    狂気な感じですね。まさに北欧の美しき国々の人間破壊にぴったりですね。
    恐い物見たさで映画も見てみたくなりました。

    「水曜どうでしょう」は BS 朝日でも月曜日の深夜に放送してますよ。
    CS は有料だからウチでは BS までで我慢してます。

    アンテナのくだりまで読んでくださったとは。
    はまるとキリがつくまでやらないと気が済まない性格で、
    ダンナ曰く「巻き込まれたら大変」だそうです。
    何事もほどほどですね。

コメントを書く

トラックバック URL