ぼやき

0

押すと泡で出てくるボトルありますよね。あれ、おすすめです。最初から泡になって出てくるので無駄なシャンプーを使わなくてすみ、長持ちします。

わたしが初めて泡ボトルを使ったのは、当時はまだ東京にあった今のダンナの家に石けんシャンプーを置いたときです。そのとき購入したのが、東急ストアのプライベートブランドの石けんシャンプーとリンス。それがたまたま泡ボトルだったんです。石けんシャンプーは長持ちして、最近やっと泡が出なくなりました。すごく長持ちします。

液体の石けんシャンプーがなくなって実家の時のように固形石けんに切り替えようとも思ったのですが、ダンナも泡で出てくるのが気に入ったらしく使っているというので、継続して液体の石けんシャンプーを使うことにしました。でも近くのお店には泡になる石けんシャンプーが置いてない! そこでネットで調べてみると、市販のシャンプーを 2 倍から 10 倍に薄めて使えるとのこと。希釈の量はそのシャンプーによって異なるみたいなのでそれを自分で見つけないといけないとのことです。

とりあえず、東急ストアのプライベートブランドの製造業者と同じミヨシ石鹸の無添加の石けんシャンプーを買って参りました。そして、東急ストアの空きボトルをみると 500cc の容量でそれ以上いれたら、うまく泡がでないという線がありました。ということで買ってきた液体石けんシャンプーが 300cc だったので、水 200cc 、石けんシャンプー 200cc という配合でスタート。ボトルを何回か押してみると泡で出てきました。実際に風呂で使ってみると、少し水が多かったようで、いつもなら 2 回押せば充分なところ、 6 回くらい押さないと頭が洗えません。これはちょっと面倒ってことで、翌日残っていた 100cc の石けんシャンプーを追加。最終的には水 200cc 、石けんシャンプー 300cc という配合にしました。もっちりとした泡が出てきて満足です。でもダンナはちょっと濃すぎるようで、洗い上がりがきにいらないから、前までならしないクエン酸リンスもしているとのこと。もう少し薄くてもいいようです。

石けんシャンプーに限らず、泡ボトルはおすすめです。泡立てる必要がなくなるので、シャンプーが少量ですみます。そして何より楽! ボトルも安いものも売っていますのでお試しに使ってみることをおすすめします。

関連記事