ぼやき

2

今日で引っ越してきて丸 1 か月。荷物は、、、片付いていません。未だ 1 階和室を段ボールが占領したまま。う〜ん。こんなはずじゃなかったんだけれど。

でも洗濯はほぼ毎日してます。元々洗濯好きなので洗濯は苦にならないんですよね。そして夫の汗を吸った洗濯物を放置しておきたくないっていうのも毎日洗濯している理由のひとつです。汗は 24 時間以内に洗濯すれば、のちのちの汗染みも防げるのですから! こまめな洗濯大事です。

引っ越してきてから洗濯の柔軟剤としてクエン酸を使っています。洗濯は合成洗剤ではなく石けんを使用しています。髪の毛と同じで、石けんで洗うとアルカリ性に傾きます。それをすすぎの際にクエン酸を加えることにより、中和されふんわり仕上がるのです。タオルなんかふんわりして喜んでいる感じ。綿のポロシャツとかも肌触りいいですよ。最後のすすぎの時に入れるのですが全自動洗濯機だとつい忘れがち。でも洗濯機の柔軟剤入れに小さじ 1 杯強のクエン酸を入れれば、自動的に最後のすすぎの時にクエン酸が加わります。(それでもたまにクエン酸を入れ忘れるんだけれど。)もちろんクエン酸は顆粒のままで大丈夫です。

クエン酸を加えることにより洗濯物がふんわりするのはもちろん、洗濯機の石けんカス防止にもなります。石けんで洗濯されている方にはおすすめです。そしてこの梅雨時期の部屋干しの臭い防止にも活躍してくれます。ビバ! クエン酸!

ちなみに洗濯用の粉石けんにはシャボン玉石けんのシャボン玉スノールを使っています。洗濯機の説明書通り、初めに一番低い水量で洗濯機を 3 分程回しよく泡立ててから、水位を選択し洗濯物を投入しています。シャボン玉石けんのシャボン玉スノールは溶けやすいので夏場のこの時期ならばこれで溶け残りはありません。風呂の残り湯がある場合はそれを洗濯に利用しています。

関連記事

コメント (2)

  • null

    クエン酸は干したときに、濃縮されて残留します。
    ですから場合によっては PH が下がりすぎる可能性があります。

    酢酸は中和反応に寄与しなかった部分は、乾燥時に揮発します。
    取り込んだあと臭いがしなければ、単体の酢酸は衣服から飛んでしまっているということです。
    ということで、臭いを気にしなければ、酢酸の方が優秀です。

    余計な情報かもしれませんが、一言。

  • あさこん

    ◇ null さん◇
    コメントありがとうございます。
    なるほど、そういう見方もあるのですね。
    わたしはクエン酸の方が 2 価なので、
    中和が素早く行われるだろうと思っていました。
    残留を考えると酢酸の方が優秀なのですね。

    ちなみに最近は静電気が気になるもの以外、
    すすぎにクエン酸をいれていません。
    洗いあがりはそんなに変わらないかなと思いまして。

コメントを書く

トラックバック URL