ぼやき

0

サイト改造中。といってもこの blog ではなくて静的ページ(普通の HTML )で作っているコンテンツ。上の「旅」とか「短歌」とかのページです。修理に出した PwerBookG4 はまだ帰ってきませんが ,PowerBookG4 Ti で HTML の編集くらいなら何とか作業できています。ただ Safari2 の動作確認ができないけれど。 Windows でやってもいいんだけれど、処々のツールが使い慣れているから Mac の方が作業が早いんですよね。
まだ改造中なんだけれど、目処は立ってきました。変更点は主に下記の通り。

全面表示だったのを幅固定に変更
これはダンナの 24 インチのフル HD ディスプレイで見たら、横幅が広すぎてすごく間が抜けていたから。これからディスプレイも大型化するし、幅固定がいいかなと。一応横幅 800px のモニタでも見られるようにつくってます。
写真のページを 800px 以下の幅固定にするとちょっと物足りなかったので、ここだけ全面表示にしています。このページはバリバリのフレーム切りページだったんだけれど、これを機にフレームを廃止。でもオーバーロール関係なんかは以前の名残がある。手が空いたら直そう。

別ウィンドウを開く仕様を同一ページ内での遷移に変更
今まで、短歌のコンテンツを別ウィンドウを開くようにしていたのだけれど、タブブラウザが標準的になってきた昨今、別窓を開くのはうっとうしいという結論に達したわけです。
でも短歌のページは table タグで縦書きレイアウトにしてあって、それをフル CSS にしようと思ったらかなりな問題が発生。 JavaScript も組み合わせてサイト構築しないと無理だということになって、そこまでの労力をそぞぐ気になれなかったので、オーバーフローでインラインフレームを開いてそこに表示させるという邪道な手を使いました。フレームも残ったままです。すみません。
しかし、インラインフレーム内から親ウィンドウへ JavaScript でアクセスできず四苦八苦。「 parent.parent. 」でいけるはずなのに、 Safari 以外は動作してくれない。。。格闘すること 2 時間。原因はインラインフレームから参照している JavaScript の外部ファイルの文字コードがインラインフレーム内と異なっていたこと。これで動かなかったのです。そう、改良を加えた作ったページは WordPress に合わせて UTF-8 にしていたのだけれど、いじっていないページは Shift-JIS のままだったのです。

旅のページの HTML の見直し
旅のページはなぜか Google さんに嫌われているのです。わたしが推測するところによると、画像置換で「 text-indent:-9999px; 」を使っていること、 title タグの名前が重複しているものが大量にあることなどが原因じゃないかと。
画像置換は「 text-indent:-9999px; 」を使わないで「 padding-top: 高さ ; hright:0 」を使う方式に切り替えました。でもなぜか IE6 での表示がうまくいかずここでも試行錯誤。やっとなんとか見られるものになりました。
title タグは「ページ名:旅行タイトル:トイレのうず/旅」という形にしました。長い tilte は最初が違ったほうが SEO 的に有利だと聞いたので。 WordPress の方もアップと同じタイミングで変更する予定です。

現在の状況は旅のページを修正中。今後、 CSS の変更箇所がなるべく少なくてすむように、コーディングに気を使ってます。あと 3 日くらいあればできるかな。あとは単純作業なので。
それから気になるのは今入れてるアクセス解析ツールの表示の遅さ。 IE6 だとかなり待たされる。これ末尾に入れたら少しは変わるのだろうか。それとも Google Analytics 入れようかな。

関連記事