ぼやき

0

梅
早咲きの桜

チャリンコで近所を走っていたら、早咲きの桜と梅が咲いていました。春だね。

久しぶりに写真を撮っていたらデジカメがほしいと思った。
条件は、広角 28mm 以下( 35mm 換算)、望遠 120mm 以上、シャッタースピード優先、被写界深度優先モードがついていること、接写に強いこと。
いくつか候補は挙がっているのだけれど、実際に撮ってみた色味を見てみないとなんともいえない。デジカメはメーカーによって色味にそれぞれ特徴があるからね。

ちなみに、わたしが現在所有している PENTAX 、 Nikon ともに色味は好きです。
Nikon COOLPIX 4500 の方が、 COOLPIX と銘打っているだけあって少し青みがかっています。これは、物体を撮ると非常にきれいに見えます。建築を撮る目的で購入したので、用途もぴったりでした。
PENTAX OptioS はデザインが気に入ったのと、色味は変にいじりもせず素直に現してくれるので気に入っています。室内などで撮影して、照明条件が悪い場合など、 Photoshop での補正もラクなのです。

絶対、買いたくないのは Canon 。映像エンジン DIGIC が色を下手に補正するので、色かぶりを撮るのも一苦労。そのままプリントする人にはいいのかもしれないけれど、照明条件が悪く 2 次加工が目的だとすごく苦労します。 Canon のデジカメで撮影した画像の RGB それぞれのレベルを見てみると、いじられまくっているのがすごくよくわかる。なので Canon は買いません。

で、今、買おうか候補に挙がっているのは以下の 2 台。
・ Panasonic LUMIX DMC-LZ10
・ FUJIFILM FinePix S8100fd

LUMIX DMC-LZ10 の方がコンパクトで持ち運びしやすそうだけど、広角が 30mm と甘いのが気になる。専用充電池ではなくて単 3 乾電池 2 本で起動できるのがうれしいじゃないの。 eneloop を使えば専用充電池より乾電池駆動の方が、旅先で電池が切れたことなんて考えると、メリットあると思う。
FinePix S8100fd はわたしの希望をすべて備えている上に、広角も 27mm 。ズームも 486mm とかなり寄れる。そしてこちらも単 3 の乾電池( 4 本)で駆動できる。ただでかい。
広角をあきらめ持ち運びを重視で LUMIX DMC-LZ10 を買うか、ちょっと本格派を求めて FinePix S8100fd を買うか迷うところです。

ちなみに FUJIFILM の色味はすこし赤みがかっています。これは人の肌がきれいに見えるからだそう。どっちかっていうと青みがかっている方がわたしは好きなんだけどね。銀塩時代から FUJIFILM のフィルムは赤みがかっていたので、それが会社の色味に対するこだわりなんでしょうね。
LUMIX については撮影したものを見ていじった経験がないのでなんとも言えないのだけれど、家電メーカーなので色に対する技術の蓄積がないだけに、どんな色表現になっているのか気になるところです。

関連記事