ぼやき

0

南足柄中継局の地上デジタル放送の本放送が 3 月 1 日から始まりました。
→総務省関東総合通信局:管内 24 局の地上デジタルテレビジョン放送局 ( 中継局)を免許≪今市、小鹿野、南足柄 中継局≫

でも、相変わらず NHK − G ( NHK 総合)だけチャンネルスキャンしても映らないのです。アンテナレベルを見たら 30 から 50 で激しく変動していて、どうも電波が弱いだけではなさそうな感じがしました。
どこかの放送局と干渉しているのではないかと、直感で思ったわけです。わたしが住んでいる地域は地形が複雑で反射波の影響が大きい。事実、小田原中継局のアナログ tvk も千葉テレビの電波と干渉しているらしい。そして、そう何を隠そう家では BayFM が聴けてしまうんです。昔から普通に聴いていたからそんなにすごいことだとは思わなかったのだけれど、千葉の FM 電波を拾えるって結構すごいことなのですよね。なんでも伊豆半島の天城山系の反射波らしいです。

さて、チャンネルプランを立てた人が、近隣地域で干渉が起こるようなおバカなことはさすがにしないだろうと容易に想像できる。でもこの局地的地域が千葉の電波を捕らえてしまうということまでは把握していないのではないかと。たぶん、千葉のどこかの放送局の物理チャンネルと南足柄中継局の NHK-G が被っているはずだ、とわたしは推理をした。
そして、総務省関東総合通信局のデジタル局情報・予備免許情報のページを放送局別に物理チャンネルを Excel に整理し直したら、ありましたよ、千葉県内で 30ch で電波を発射しているところが。
それは船橋の千葉テレビの親局。 500W で電波を出しているようです。南足柄中継局が 1W での放送なので、海を越えて、山に反射しても充分干渉する電波が届いていると想像できます。

さらに調べてみると、 BayFM と デジタル放送の千葉テレビは同じ船橋市三山の電波塔から送信されている。
→ wikipwdia :三山 ( 船橋市 )

ここまで調べて思いました。これはもう船橋三山送信所からの千葉テレビとの干渉でビンゴでしょう。だって BayFM が受信できるのですから同じ送信所からの電波が届いていると考えるのが自然。そしてなんといっても、船橋の千葉テレビの方が南足柄の NHK 総合よりも 500 倍の出力で電波を出しているのです。潰れてあたりまえですよ。

さて、本日 NHK の受信相談に電話をして NHK-G だけ映らない件を伝え、電波の調査に来てもらうことになったのですが、どんないいわけをしてくださるのか楽しみです。
指向性の良いアンテナに変えるように言われるか、もしくは山北中継局から電波をとるようにいわれるか、そのどちらかでしょう。小田原中継局からだと、時々ブロックノイズがのるんですよね。

関連記事