ぼやき

2

ふと茶の間を横切ったら、歯を磨きながらヴィンちゃんと優ちゃんの話す姿を見る父親の姿が見えた! これにはびっくり。普段ほとんどテレビを見ない父親が sakusaku を見てる! この事実に思わず声をかけた。

わたし: sakusaku 見てるの?
父 親:これ sakusaku っていうの? あれに似てるから。

ちなみに「あれ」とは同じくローカル UHF 局の KBS 京都が制作している『谷口な夜』のことである。確かに路線は似てる。
でもまさか sakusaku 見てるとは思わなかった。もしかして、毎日わたしが寝たあとに sakusaku 見てるかしら? 毎日 sakusaku を楽しみにしてる父親ってかなりツボに入る。
カエラちゃん時代の DVD を見せようかと思ったけれど(借り物)、たぶんカエラちゃんは父親の好みじゃないと思ってやめておいた。優ちゃんも新たな視聴者を獲得してるんだね。(父親の最近のお気に入りは NHK7 時のニュースの最後に出てくるお天気お姉さんの半井小絵さん。)

父親が京都に住んでいた時に楽しみにしていたテレビ番組は『谷口な夜』とおなじく KBS 京都制作の『らくらぶ R 』。こっちは、阪急でサイコロ振ってすごろくしたり、京都府を信号から信号までを振ったサイコロの目の交通手段で縦断したりとどうでしょうちっくな番組でした。でもどうでしょうのことはバカにするんだよね。そのへんのさじ加減がようわからん。

*父の名誉のために追記*
今朝、 sakusaku をどれくらいの頻度で見ているのか聞いたら、昨晩が 2 回目だそうだ。そして「あの女の子は中途半端だ。谷口キヨコの方がうまい。天然ボケなら天然ボケでいいんだけれど、そうでもないし、受け答えがおもしろくないんだよね。人形も「谷口な夜」の方がうまかった」と語った。 2 回見ただけのおじさんに中途半端でおもしろくないっていわれる優ちゃん。やっぱり番組初期から全然成長してないんだね。優等生キャラはおもしろくないんだよ。さらに「あのコは歌手なの? 歌手の片手間でやってるならあれでもいいけど、タレントとしてやってるならダメだね」と付け加えた。結構きびしいご意見。(わたしが辛口なのは父の血を引いているからなのか? それとも育った環境かしらん。)
3 月で丸 2 年だし、もう MC 交代だよね。きっと。黒幕も 2 年間、優ちゃんでよく我慢したよね。

関連記事

コメント (2)

  • PENGO

    KBS 京都視聴地域に住んでてどれも見た事ある PENGO です。
    sakusaku と谷口な夜って視聴者層が違って感じたから別物だと思ってたんですが、人形と女の子(谷口キヨコはかなりベテランさんですが)がトークしてるし確かに似てるなぁ。

    こちらでは sakusaku はカエラちゃんの頃から放送されたんですが、優ちゃんはパンチに欠けるというか良くも悪くもマスコット的な存在な気がします。谷口キヨコは関西では 10 年以上 FM ラジオで DJ やってるし好き嫌いはハッキリ別れそうだけどインパクトのある話し方なんで、トークで比べられると優ちゃんはちょっと辛いかもしれないですね。

    この辺りの番組を語れるとは、あさこんさんのお父さんお若いですね!

  • あさこん

    ◇ PENGO さん◇
    こんばんは。コメントありがとうございます。

    この組み合わせのローカル番組をすべて見たことがあるってすごいですね。
    sakusaku 、京都でも放送してるんですね。知りませんでした。

    わたしも sakusaku と谷口な夜は全然別物として捕らえていたのですが、
    父の分類では一緒にカテゴライズされるみたいです。
    うちの父は「マス」が大嫌いなへそ曲がりなので、
    ローカル番組に心がくすぐられるみたいですよ。

    谷口さんはバリバリ関西のノリでしゃべりもプロですよね。
    優ちゃんと比べるのが酷なのかもしれませんね。

コメントを書く

トラックバック URL