ぼやき

0

本来なら昨日あたりから東海道山陽あたりを青春 18 きっぷで旅をしているはずだったのですが、あいにく季節の移り変わりについて行けず風邪をひきましてお家でおとなしくしているあさこんです。こんにちは。
風邪の方は早めに耳鼻科に駆け込みましてノドにぐりっと薬を塗ってもらったおかげで、扁桃腺の腫れもひいて今はたいした症状はないのですが、いかんせん疲れている。旅を途中から再開するか、迷っております。う〜ん。

ごろごろしてる間に、録り溜まっていた HDD レコの中を整理しようと、一生懸命いろいろ見ているところです。そう、 HDD がいっぱいで W 録機能が働かなくなってしまったのですよ。
何を見たのか忘れちゃったくらい。覚えているのは録ったままほったらかしていたお正月映画『 THE 有頂天ホテル』『インストール』、あと一昨日やっていた「ネプリーグ」、「探偵ナイトスクープ」「どうでしょう Classic 」と映画とバラエティーが主。

『 THE 有頂天ホテル』は期待していたほどおもしろくなかったな。もっとおもしろいと思っていたから。内容云々よりも、わたしはフジテレビの放送の仕方が気に入らなかった。 CM 前になぜ次のタームのダイジェストを入れる? それって視聴者の楽しみに奪っているでしょう。あと、映画が終わった後の後日談。これは完璧にいらなかった。なんかそれに合意して三谷幸喜自身が出演しちゃってるからもう救いようがない。映画は映画の中で完結してよ。見ている人の夢を奪わないで! と去年の年末に放送されたものに文句いってもしかたないんだけれど。
ちなみに母親は「三谷幸喜は自分はコメディーを書きたいらしいけれど、三谷幸喜の書くコメディーはおもしろくない。あの人はコメディーは好きかもしれないけれど、古畑任三郎みたいな作品の方があっている。好きなものを書けばそれがおもしろいとは限らない」とわたしより辛口なコメントを残しておりました。

『インストール』のほうは、ふーん、って感じだった。原作を読んでいないから何ともいえないんだけれど、青臭いというか内容が薄っぺらいというか、たいしたことなかったです。(あ、辛口。)
*追記*
そうそう、なんで薄っぺらく感じたかっていうと、ノーマルのカラクラ(劇中内で使われていた mac 。正式名称: Macintosh Color Classic )に OS9 は入らないだろうと。入ったとしてもメモリの関係であんなにサクサクには動かない。動かせるとしたら、 OS9 の機能を削って必要なものしか残さない状態にしないとダメ。でももしそうしたら、劇中の「インストールしても機能は増えない。元に戻るだけだから」というセリフと矛盾するよね。
しかも、モデムはおろか LAN のポートだって標準ではついてないんだよ。買ってきて増設しなきゃいけないんだから。しかも今じゃそのパーツを手に入れるのが困難。そんな改造をだれが施したのだろう。あと、モニタ解像度が 512 × 384 だから、現代の HP が画面に収まるはずないのだ。
こんなふうに劇中のカラクラに目がいってしまって、その矛盾を考えていたから、全然ストーリーに集中できなかった。劇中のパソコンに見かけがかわいいからってカラクラを選んだのが間違い。

『ネプリーグ』は TEAM NACS が出てた回。 HDD レコくんが気づいたら勝手に録画していてくれた。ありがたや。
まあ、がんばってたのはわかったけれど、大泉さん、がんばりすぎ。つっこみの間が完全に東京のテレビの間になっちゃってて、これだったら大泉さんじゃなくてもいいじゃん、って思っちゃったよ。でも、琢ちゃんが漢字で活躍してくれたときはかっこよかったなぁ。モリまで順番回らなくてよかったね。顕ちゃんは相変わらずの昭和のハンサムで、シゲは影が薄かった。。。(笑)

『探偵ナイトスクープ』は相変わらずおもしろいのだ。ちゃんと放送してくれてる tvk さんありがとう。

それから今日はいよいよ静岡あさひテレビにて『水曜どうでしょう』の 2006 新作が放送されますよ。ああ、楽しみ。今日は起きててリアルタイムで見ちゃおうかな。

関連記事