ぼやき

5

ムンクを追え ! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の 100 日ムンクを追え!「叫び」奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の 100 日』を読んだ。
2004 年にムンク美術館のパステル画の「叫び」が盗まれたのはどうでしょう好きの人なら知っていると思う。今ノルウェーに行っても、大泉さんが絵の前でポーズをとった「叫び」は残念ながら見られないのだ。
図書館にあったこの本は、オスロ国立美術館に所蔵されていた「叫び」で、どうでしょう班一行が欧州リベンジで最初に訪れて休館だった方の「叫び」のお話。 1994 年に盗まれてその奪還劇をヒルというロンドン警視庁の囮捜査官を軸に、過去の美術犯罪や犯罪者の心理などを織り交ぜながら描いているノンフィクション。
個人的には何度も同じ記述が出てきてちょっと回りくどいかな、という印象を受けた。ムンクの「叫び」の事件だけ知りたいと思うとややもったいぶった印象を受ける。
あとやはり訳本だからだろうか、文章も直訳に近く、人名に形容詞がつく文章なんかが多く見られて、ちょっと読みにくかった。もう少し自然な日本語だともっと面白かったのに。
最後の方は息をのむ展開でなかなか面白かった。最後まで読むと間に入っていた小話も意味があったのだと納得できるけれど。

関連記事

コメント (4)

  • ふる

    はじめまして!
    私もムンク読み終わったばかりです。
    記事のアップは一日遅れでした。でも私も図書館で借りました。

    TB送らせて下さい。
    なおブログのタイトルは怪しいですが、あくまでも昔からのあだ名でして、アダルトは無関係です(汗)

  • あさこん

    ◇ふるさん◇
    はじめまして。
    夢中になって夜更かしして読んでしまいました。
    図書館に新刊の棚に並んでいたので「叫び」の絵につられて手が伸びていました。

    トラックバック、送られたのでしょうか?
    管理画面で確認したところ届いていないようなのですが…。
    歓迎いたしますのでどうぞ送ってくださいな。

  • ふる

    コメントありがとうございました。
    実は普段はおふざけブログなので読者が冷たいのです(笑)
    なのであさこんさんのコメントが最初で最後になるかもしれません(笑)

    TB再度送ったのですが、だめでした。
    最近 goo のサーバーがおかしいようです。

    ちなみに:
    私も神奈川県民です。ゴミの分別がめんどう…
    です。大泉洋さんが「水曜どうでしょう」ですごい人気だとは聞いていたのですが、一度も見たことがなかったです。確か、「救命病棟24時」で見たのが最初だったような…

    また、来ます!

  • あさこん

    ◇ふるさん◇
    最初で最後のコメントとは光栄です(笑)
    TB はちゃんと届いていましたよ。
    スパムが多いので承認制にしているのでリアルタイムでは更新されないんです。
    TB が来ているのに何日も気がつかないこともしばしば。
    報告してもらえて助かりました。
    同じ神奈川県民だったんですね!
    ゴミの分別はもっと細かい名古屋に住んでいたのでそれほど苦には何ませんが、、、
    普段は水曜どうでしょうにはまっているおばか blog です。
    「ムンクを追え!」にも出てきたムンクさんの(正確には「叫び」の叫ぶ人の)
    キーホルダーを持っています。
    なぜなら水曜どうでしょうに出てきたからです。

    またいらしてくださいな。

コメントを書く

トラックバック (1)

  • 「ムンクを追え!」感想&わき道&名画の価格

    【注意】以下ノン・フィクション「ムンクを追え!」の感想・美術のこと・わき道だのを書いてます。美術・美術を盗む人間・それを追跡する人間、このようなことに興味のない人にとっては全く面白くないです可能性もあります。 ( ←いつものアホ期待してる人へ)

    粗筋:94年リレハンメルオリンピック開幕寸前のとき、ノルウェーのオスロ美術館から、名画ムンクの「叫び」が盗まれる。なぜか頼まれてもいないのに英国はスコットランドヤードの美術班、チャーリー・ヒルと言う変人たちが奪還の乗り出す。誰が盗んだのか?どうやって奪還したのか?

    これがメインのストーリー。全てが実話。ところがどっかの誰かさんのブログのようにわき道に入りまくり。80年代辺りの名画盗難の歴史、奪還の歴史、あるいはムンクの人間像など、縦横無人にかけめぐる。ぶっちゃければ「叫び」奪還の話は全体の 1/4 程度だった。ここがこの本を楽しめるかの一番のポイント。そして俺はめちゃめちゃ面白かった。

    これは題名に問題がある。
    「ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日」エドワード・ドルニック
    誤解を招く。

    原題の方が嘘はない。
    THE RESCUE ARTIST, A true story of Art, Thieves, And Hunt for a Missing Masterpiece
    である。
    副題は「美術、泥棒と失われた傑作奪還の真実の物語」まさにこの通りであって、「叫び」とは書いてない。ちなみにこの THE RESCUE ARTIST というメインタイトルはなんとなくアートを救うぐらいにしか思ってなかった。しかし読んでいる内に、おかしいことに気がついた。アーティストをレスキューじゃない。レスキューするアーティスト。つまり主人公ヒル=名画奪還するアーティストという意味なんだ!と気づいた。しかしこれについては誰にも確認してないが。

    てきとー感想など

    ・名画泥棒と言えばミッション・インポシブル的テクニックを想像するが現実は違う。誰でもできそう。「叫び」であれば美術館にはしごかけて窓破って侵入して盗んだだけ。他の手口も、ただ警備員に銃つきつける、普通に入場料払って入って、閉館までカーテンに隠れる。こんなんばっかりなのだ。現実はつまらん。

    ・名画に保険がかかってないことが多いそうだ。個人はまさか盗まれると

    ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」

トラックバック URL