ぼやき

0

いやいや、なんだろうね。大泉さんがシャッター切ってるだけで笑えるって。

ということで tvk のどうでしょうリターンズは「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!」第 3 夜!

今週はひたすらジャングルの中を歩いて大泉さんがシャッターを切るだけ。初めは動かないトカゲや昆虫しか撮れなかった。まあすべてマニュアルで動くもの撮るのって難しいよね。以前、同じくシャッタースピード、絞り、ピントすべて手動の古い一眼レフ(しかも露出計は故障)を持って、動物園に写真を撮りに行ったことがあるけど、動物園のオリの中ですら難しかったもの。
でもそこは大泉さん、徐々に腕を上げ、木にとまっているを押さえられるようになり、そして、さらには飛んでる鳥まで! まあ、バズーカはあまり使い物にならなかったみたいだけど。でもワシの飛び立つ姿を押さえたのは奇跡!
大泉さんがシャッター切ってるだけで 30 分成り立ってしまう番組ってやっぱりすごい。ミスターがあんまり映ってなかったのは残念だけど。そして、今回履いていた緑の短パンはどこから仕入れたのだろう。
でもあのバズーカ 6 時間もいったい誰が持っていたんだろうね。藤村 D かな? 重かっただろうに。

関連記事