ぼやき

0

ひさしぶりに Mac のお話です。

最近はやっていないのだけれど、以前わたしは Mac を自動起動・終了させ FM ラジオのエアチェックを行っていました。そして録音したデータから曲部分を切り出し、それを mp3 化して iTunes で聴くというスタイルととっていたのです。ちなみにこれだと雪だるま式に mp3 ファイルが増えてゆき、ハードディスクの容量が足りなくなったので現在は、わたしの Mac には mp3 は 1 曲も入ってません。大容量外付けを手に入れるもしくは内蔵ハードディスクを交換するまで音楽はおとなしく CD プレイヤーから聴いています。

ちなみに愛用していた録音ソフトはひるの歌謡曲というソフト、自動起動ソフトは iBeeZz というものを使用していました。しかしこの iBeeZz というソフト Tiger 発売と共に開発中止になってしまったのです。シェアしてただけに残念でした。( Leopard の発売とともにまた復活しました。)

しかし代わりになるソフトを発見しました。 MacSSController というソフトです。単純に何曜日何時に起動してというような使い方ができるようです。これと同じ開発者さんが提供している SUL というソフトを使うと、目覚まし代わりに iTunes で音楽を鳴らす、なんていう使い方もできそうですね。開発途中ということで、フリーというのがうれしいです。

でも最近 FM のエアチェックはあんまりしていないのだけれど。

関連記事