ぼやき

0

続けて名古屋メ〜テレで 2005 年 2 月 8 日に放送された「香港大観光旅行」最終夜を鑑賞。

まずは朝食。朝がゆ→水餃子入り焼きそば→揚げパンのライスペーパー巻き→マンゴー入りピスタチオと続きます。そして、鈴井さんのデザートはお風邪を召しているということで漢方ゼリー。大泉氏曰く、めちゃめちゃ薄めた正露丸らしい。効能は解毒。まずいはずなのに毒が抜けてかわいい笑顔で食べ続ける鈴井さん。不二家のペコちゃんみたいな笑顔がいいですね。
そしてホテルでも朝食。そして出てきたのは仔ぶたの皮のロース。ぶた丸ごとですよ。皮より下の肉がおいしいという大泉さん。確かにそれはそうですよ。そして次々と出てくる豪華料理。宮崎シーガイヤの時にディレクター陣が食べられなかったという教訓を生かして、固定カメラでうれしーの両手を使って食べる。そしてフカヒレを「歯ごたえのある春雨」と例える大泉さん。そして、出演者 2 人より先に「うまい」という藤村 D 。笑えます。
バード・ストリート、花屋街、金魚ストリートと藤村 D の興味がある香港を観光。
そして女人街へ。大泉さんの期待を裏切り、いかがわしい街ではなく、女性のための洋服、化粧品、下着などが安く手に入る街。そして買った T シャツが笑える。「ドリーム・カスタム」略して「ドリ・カム」。しかも「不許複製」。
ドラゴンボート、足マッサージと続きます。

今回のみどころ。ドラゴンボートを見に行く直前のミスターの笑顔。

関連記事